AWS Directory Service

「Best practices for running Microsoft Active Directory on AWS」視聴レポート

こんにちは。CI部の鎌田です。 "Best practices for running Microsoft Active Directory on AWS" を視聴しましたので、その一部をご紹介します。 三木の記事、「MicrosoftワークロードのAWS移行パターン」も併せてご覧いただくと、Microsoft関連の移行をイ…

Amazon WorkSpacesの多要素認証でAzure MFAを使用する

WorkSpacesの多要素認証でAzure MFAを使用する場合の一部設定を紹介します。

【AWS Managed Microsoft AD】AD管理ツールをインストールして管理者権限を持つユーザでログインする

どうも、仙台オフィス勤務、技術5課の芳賀です。オフィスには勤務せず、かれこれ5ヵ月くらい在宅勤務をしています。 この在宅期間中、自宅の仕事部屋を快適にすべくレイアウト変更、ディスプレイの購入などなど、オフィス並みに仕事がしやすくなりました。 1…

WorkSpacesがローンチされるサブネットの確認方法

技術三課の杉村です。Amazon WorkSpaces と紐いている AWS Directory Service がどのサブネットと紐づいているかを確認する方法についての小ネタを書きます。 なお当投稿の情報、またマネジメントコンソールのスクリーンショット等は 2020/01 現在のものです…

SimpleADのユーザをWorkSpacesから管理する

こんにちは。技術2課の杉村です。名刺って、溜まっていきますよね。出会った人を忘れないし、連絡先も書いてあります。とてもいい仕組みだと思うのですが、ほぼすべてのビジネスマンがスマートフォンなどのデジタルガジェットを持っている今、名刺も仮想化し…

Simple ADを利用したWorkSpaces構築手順

高橋@技術4課です。 以前に「AD Connectorを利用したWorkSpaces構築手順」という記事を書きました。今回は Simple ADを利用したWorkSpaces構築手順を書いていきます。 Simple ADとは? Simple ADとは、AWSが提供している AWS Directory Serviceの一つです。S…

SSMを利用し、起動したWindowsServerを自動でドメイン参加させる

こんにちは。クラウドインテグレーション部技術4課の山﨑です。入社して8ヶ月が経ちました。最近入社した気分でいたのですが、時の流れが早すぎて驚いています(*´・ω・) さて、今回Amazon EC2 Systems Manager(SSM) を利用して、起動したWindowsServerが自動で…

AD Connectorを利用したWorkSpaces構築手順

マネージド型仮想デスクトップサービスの Amazon WorkSpaces(以下、WS)が東京リージョンに対応してから、2年以上が経過しました。サーバーワークスでは早い段階から WorkSpacesに可能性を見出し、様々な記事を書いていました。過去の記事一覧今回は オンプ…

AWS Directory ServiceとOneLoginを組み合わせて、Amazon WorkSpacesのシングル・サインオン環境とMFA認証を実現してみた

こんにちは、クラウドインテグレーション部 ソリューションスペシャリストの薄井です。 さて、今回はAWS Directory ServiceとOneLoginを組み合わせて、Amazon WorkSpacesのシングル・サインオン環境とMFA認証を実現してみました。 シングル・サインオン環境…

AWS Directory ServiceのPricing(利用料)ページを翻訳してみました

AWS Directory Serviceが2014年10月22日に突然リリースされましたね! Amazon EC2にわざわざDirectoryサービスをインストールしなくても、AWSを利用すればいきなりDirectoryサービスが使えるようになりました。 今回は、そんなホットな話題「AWS Directory S…