RFC非準拠メールアドレスに関するSESリレーのまとめ

記事タイトルとURLをコピーする

案件で、SESが"RFC非準拠メールアドレス"をどこまでリレーしてくれるのか調べる機会がありました。

ドキュメント上にそれらしき記載がなかったので、誰かの役に立つのではないかと思い、調査結果をまとめてみます。

調査方針

調査環境

f:id:swx-sugaya:20200818145127p:plain

上記環境にて、"RFC非準拠メールアドレス"宛にメールを送信した場合、どこまでSESがリレーするのか調査します。

本調査は"RFC非準拠メールアドレス"を実際に用意して行うわけではない点だけご留意ください(*1)。

ドメインがわかりづらいですが、ご愛嬌ということで...

*1)受信サーバ(sugasugasugaya.mlサーバ)にメールが正常受信されたことは保証できません。

"RFC非準拠メールアドレス"の条件

本調査では、以下の条件を"RFC非準拠のメールアドレス"と定義します。

  • 「() <> : ; , @ \ "」のいずれかがローカル部に含まれる
  • スペースがローカル部に含まれる
  • "."が2個以上連続する場合がローカル部に含まれる
  • ローカル部の先頭が"."で始まる
  • "@"直前に"."が入る

参考:


本調査で使う、送信先"RFC非準拠メールアドレス"です。

「() <> : ; , @ \ "」のいずれかがローカル部に含まれる
re(ceiver@sugasugasugaya.ml
re)ceiver@sugasugasugaya.ml
re[ceiver@sugasugasugaya.ml
re]ceiver@sugasugasugaya.ml
re<ceiver@sugasugasugaya.ml
re>ceiver@sugasugasugaya.ml
re\>ceiver@sugasugasugaya.ml
re:ceiver@sugasugasugaya.ml
re;ceiver@sugasugasugaya.ml
re,ceiver@sugasugasugaya.ml
re@ceiver@sugasugasugaya.ml
re\ceiver@sugasugasugaya.ml
re\\ceiver@sugasugasugaya.ml
re\"ceiver@sugasugasugaya.ml
スペースがローカル部に含まれる
re ceiver@sugasugasugaya.ml
"."が2個以上連続する場合がローカル部に含まれる
re..ceiver@sugasugasugaya.ml
ローカル部の先頭が"."で始まる
.receiver@sugasugasugaya.ml
"@"直前に"."が入る
receiver.@sugasugasugaya.ml

調査コマンド

以下のコマンドを実行します。

1.まずは以下コマンドでメールを送信します

$ telnet localhost 25
mail from: sender@postfix-test.ml
rcpt to: "re(ceiver"@sugasugasugaya.ml
data
From: sender@postfix-test.ml
To: "re(ceiver"@sugasugasugaya.ml
Subject: Not RFC test
hogehoge
.
quit
$

* re(ceiver@sugasugasugaya.mlの場合

* RFC非準拠メールアドレスを送信する場合は全て、ダブルクォートでローカル部を囲う必要があります。

2.次に tail コマンド等で当該配送ログを確認します。

$ sudo tail /var/log/maillog

調査結果

RFC非準拠メールアドレス Status StatusCode 捕捉
re(ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re)ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re[ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re]ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re<ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re;ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re,ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re\ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re\ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
.receiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
receiver.@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re..ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re'ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re\"ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re ceiver@sugasugasugaya.ml sent 250 Ok -
re>ceiver@sugasugasugaya.ml bounced 501 Invalid RCPT TO address provided RCPT TO が"to=<re>ceiver@sugasugasugaya.ml>" となるため
re\>ceiver@sugasugasugaya.ml bounced 501 Invalid RCPT TO address provided RCPT TO が "to=<re>ceiver@sugasugasugaya.ml>" となるため
re:ceiver@sugasugasugaya.ml bounced 554 Transaction failed: Address contains illegal characters in user name: '<"re:ceiver"@sugasugasugaya.ml>'. RFC非準拠によるエラー
re@ceiver@sugasugasugaya.ml bounced 554 Transaction failed: Address contains illegal characters in user name: '<"re@ceiver"@sugasugasugaya.ml>'. RFC非準拠によるエラー

調査ログ

送信サーバ(postfix-testサーバ)のメールログ: "/var/log/maillog" の中身を以下URL にまとめました。
証跡として、ご確認ください。

Response-log.md

まとめ

それぞれの合計値は以下でした。

Response StatusCode Number
Success 15
250 15
Error 4
501 2
554 2
ALL 19

個人的な感想としては、予想よりもSESはリレー送信をしてくれるなという感じでした。

"RFC非準拠メールアドレス"は今後減っていく傾向にあるので、キャリアメールなどのリレー送信にSESを使うのも現実的になってきたのではないでしょうか!

以上ご覧いただきありがとうございました。

菅谷 歩 (記事一覧)