Windows Server 2012 R2英語版の日本語表示

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは、技術2課の下山です。

Windows Server 2012 R2 英語版を日本語表示に変更する手順についてご紹介します。

表示のみの変更だとシステムロケールは英語のままなので、日本語非対応のソフトなども文字化けさせずに利用できます。

日本語表示への変更

  1. [Control Panel] を起動して、 [Add a language] をクリックします。1
  2. [Language] の画面で [Add a Language] をクリックします。2
  3. 続けて [Add languages] の画面で [日本語] を選択して、 [Add] をクリックします。3
  4. [Language] の画面で [日本語] を選択して [Move up] をクリックします。4
  5. [日本語] が Move up された後、 [Options] をクリックします。5
  6. [Language options] の画面で [Dawnload and install language pack] をクリックします。6
  7. インストールが開始されます。
    インストール完了後、 [Close] をクリックします。7
  8. [Language] の画面で [Change date, time, or number formats] をクリックします。8
  9. [Region] の画面で [Location] タブにて [Japan] を選択します。
    10
  10. 続けて、 [Administrative] タブにて [Copy settings] をクリックします。11
  11. [Change Regional Options] の画面で [Apply] をクリックします。
    12
  12. [Welcom screen and new user accounts setings] の画面で二つのチェックボックスにチェックを入れて、 [OK] をクリックします。
    13
  13. [Change Display Language] の画面で [Restart now] をクリックして再起動し、設定を反映させます。
    5
  14. 再起動後コントロールパネルを起動させてみると、日本語表示になっていることが確認できます。​19

システムロケールの変更

システムロケールも変更可能です。

  1. コントロールパネルを開き [言語の追加] ➝ [日付、時刻、または数値の形式の変更] と進めます。 [地域] 画面で [管理] タブにて [システムロケールの変更] をクリックします。
    2
  2. [地域の設定] の画面で [日本語 (日本)] を選択して [OK] をクリックします。
    3
  3. [システムロケールの変更] の画面で 「今すぐ再起動] をクリックして再起動します。
    4

おわりに

Windows Server 2012 R2に日本語パッケージをインストールして、表示やシステムロケールを日本語にする方法をご紹介しました。

ちなみにAWSでは表示とシステムロケールのどちらも日本語版のパブリックAMIが用意されています。

東京リージョンでの現在最新のAMIはこちら [Windows_Server-2012-R2_RTM-Japanese-64Bit-Base-2016.05.11 – ami-d67e99b7]

以上です。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」