【AWSアップデートまとめ 4/13】Amazon Redshiftは、データ共有機能におけるプロデューサークラスターの一時停止をサポート 他3件【#毎日AWS 180回 】

記事タイトルとURLをコピーする

はじめに

こんにちは!サーバーワークスの福島です。
今日は 4/13のアップデートについて紹介していきます。

こちらの内容については、YoutubeやPodcastでもアップロードしているので、気になる方はぜひチェックしてください。


■ Youtube での配信

youtu.be

■ Podcast での配信

Apple Podcast や Spotifyなど、各種配信サービスにて「サーバーワークス」で検索!


では、さっそく最新1日のアップデートを見ていきましょう。
今回は 4/13 、4件のアップデートがありました。

アップデート内容

①Amazon Redshiftは、データ共有機能におけるプロデューサークラスターの一時停止をサポート

フルマネージド型のデータウェアハウスサービスであるAmazon Redshift。

今回は、このAmazon Redshiftのデータ共有機能におけるプロデューサークラスターの一時停止をサポートしましたというアップデートになります。

まず、データ共有機能とは、名前の通り、Redshiftのクラスタ間でデータを共有できる機能になります。

データを共有する側のクラスタをプロデューサークラスター、
データを共有される側のクラスタをコンシューマークラスターと呼びます。

今まで、データ共有機能を利用するためには、データを共有する側のプロデューサークラスターが起動している必要がありましたが、 今回のアップデートでクラスターを一時停止していても、データ共有機能が利用できるようになりました。

これにより、プロデューサークラスターをデータ共有機能のためだけに起動していた場合、一時停止することでコスト削減を行うことができます。

プロデューサークラスターをデータ共有機能のためだけに起動している場合、クラスタの一時停止を検討してみてはいかがでしょうか。

②AWS Backupは、Amazon FSxのバックアップデータをリージョンおよびAWSアカウント間でコピー可能に

AWS Backupで取得したAmazon FSxのバックアップデータをリージョンおよびAWSアカウント間でコピー可能になりましたというアップデートになります。

AWS BackupとAmazon FSxについて、簡単に触れておくと

AWS Backupは、一部のAWSサービスのデータバックアップを一元化および自動化できるフルマネージドサービスになります。
対応しているAWSサービスは、EC2やRDS,Amazon FSx等があります。

次に、Amazon FSxについてですが、一般的なファイルシステムを提供できるフルマネージドなサービスになります。

今までも、一部のサービスでは、AWS Backupで取得したバックアップデータをリージョンおよびAWSアカウント間にコピー可能だったたのですが、
今回のアップデートでそこにAmazon FSxも追加されたという感じになります。

注意点として、バックアップのコピー元とコピー先のアカウントは、同一のOrganizationsで管理されている必要があります。

DR対策で利用できるアップデートになると思いますので、AWS Backupを利用している方は、 これ機にリージョンおよびAWSアカウント間でのバックアップのコピー、検討してみてはいかがでしょうか。

NICE DCVは、バージョン2021.0をリリース

NICE DCVが新しいバージョンである2021.0をリリースしましたというアップデートになります。

NICE DCVとは、高性能なリモートディスプレイプロトコルを利用して、 リモートデスクトップやアプリケーションストリーミングを行う際に使用されます。 

今回のバージョンアップで6つ機能が追加されております。
全てをお話すると長くなるため、ここでは、ピックアップした2つをご紹介いたします。

まず、1つ目が、Windows ServerのWebカメラリダイレクトをサポートしましたということで NICEDCVを使ったリモートセッションでビデオ会議を行っている際などに ローカルのWebカメラを使用できるようになりました。

次に2つ目が、Linuxサーバーでのプリンターリダイレクトをサポートしましたということで NICEDCVを使ったストリーミングセッションからローカルコンピューターに接続されているプリンターを利用できるようになりました。

他にも後4つほど機能追加があります。
概要欄に本アップデートのURLを記載しておりますので、
NICEDCVを使っている方はぜひチェックしてみてください。

AWS Console Mobile Applicationが大阪リージョンをサポート

AWS Console Mobile Applicationが大阪リージョンをサポートしましたというアップデートになります。

AWS Console Mobile Applicationでは、マネジメントコンソールと違い、利用できるサービスは限られています。
また、モバイルアプリのため、何か作業をするのには向いていないと思いますが、
気軽にAWSの利用料であったり、CloudWatchAlarmの状態を確認することができます。

もし興味がある方がいましたら、これを機に一度、AWS Console Mobile Applicationを使ってみてはいかがでしょうか。

以上4件、4/14のアップデートでした。

最後に

いかがだったでしょうか!
ここ最近アップデートが多い日が続いていますね。
逃さないように、しっかりフォローアップしていきましょう。
ぜひYouTubeやPodcastでも聞いてみてください!


■ Podcast でも配信中!   Apple Podcast や Spotifyなど、各種配信サービスにて「サーバーワークス」で検索!

■ 過去の放送一覧はこちら   https://www.youtube.com/playlist?list=PLCRz5JqTKzfmHYSSSQhs2Y-qPFU201s3p

■ サーバーワークスSNS   Twitter: https://twitter.com/serverworks   Facebook: https://www.facebook.com/serverworks

福島 和弥 (記事一覧)

SRE3課

2019/10 入社

AWS CLIが好きです。