【実録】AWS認定 Database - Specialtyに合格したので勉強方法をまとめてみた!

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちわ!サーバーワークス日本最南端社員の久保玉井(くぼたまい)です。今日も元気に体型はピチピチしてます。

さて先日、AWS認定試験である Database - Specialtyを受験し合格しましたので、勉強方法を振り返りながらまとめてみます。

今後受験予定の方の参考になれば嬉しいですヽ(^o^)⤴

AWS認定 Database - Specialtyって何?

試験ガイドを確認してみました。

この試験では、データベースの設計、移行、デプロイ、アクセス、メンテナンス、オートメーション、モニタリング、セキュリティ、トラブルシューティングの概念について、受験対象者の総合的な理解を検証します。

AWSが提供する各Databaseサービスについて、「詳細が理解できているか?」が問われる専門分野の試験となっています。

データベース関連のお仕事をされている方は結構注目な認定試験ですね。

問題数は65問、試験時間が180分と長丁場な試験となってますが、試験分野は以下の割合で構成されています。

分野  割合 
第1分野:ワークロード固有のデータベース設計  26%
第2分野:デプロイと移行  20%
第3分野:マネジメントとオペレーション  18%
第4分野:モニタリングとトラブルシューティング  18%
第5分野:データベースセキュリティ  18%

データベース設計やデプロイ・移行の二分野で半数を締めているので、そこを重点的に勉強するのが良さそうだと今回判断しました!

利用した教材

さて事前に試験ガイドを確認した後、以下の各教材を用いて私は学習を進めました。ちなみにオンライン教材が多めです♪

AWS Database Offerings

AWSスキルビルダーで提供されている、AWS Database Offerings (Japanese)を受講しました。

explore.skillbuilder.aws

4時間でリレーショナルデータベースとは?非リレーショナルデータベースって何?など基本的概念を学習できるので、データベースを触ったこと無い方におすすめの教材です。

Exam Readiness: AWS Certified Database - Specialty

これもAWSスキルビルダーで提供されている教材で、Exam Readiness: AWS Certified Database - Specialty (Japanese)を受講しました。

explore.skillbuilder.aws

3.5時間で試験分野を深掘りして説明してくれます。分野の切り替わり時に確認のミニテストもあるので学習内容の定着度合いが測れました。

無料の模擬試験

これもAWSスキルビルダーで提供されている教材で、AWS各認定試験の模擬試験が受験できます。

explore.skillbuilder.aws

模擬試験は20問準備されており、解説説明や各問題の復習が出来る内容になってます。

一番本番試験に近い形態ですので、ぜひとも模擬試験トライしてみてください!

ちなみに模擬試験の受験方法は、弊社小倉の以下記事が参考になります!

blog.serverworks.co.jp

AWSサービス別資料

上記までは、AWSスキルビルダーで学習を進めてきましたが、他にも参考になる資料があります。

AWSサービス別資料は、SlideshareやPDFの資料や、Youtube動画なども揃っているのでかなり参考になります。

特にBlack Beltシリーズは最高。

Amazon Neptuneとか全く利用した事がないサービスなどは、Black Beltを見た後に実際にハンズオンなどして理解深めるようにしました。

www.youtube.com

書籍、要点整理からシリーズ

結構前から愛読している、「要点整理から攻略するシリーズ」

今回も、要点整理から攻略する『AWS認定 データベース-専門知識』を購入してまとめ説明や図説をしっかり理解するようにしました。

模擬問題がちゃんと65問あるのが嬉しい

勉強方法

以上の教材を元に勉強をするのですが、私は天才じゃないのでコツコツと積み重ねるしかないです。

寝る前に、教材を読んでNotionなどメモツールにまとめるってのを日々積み重ねました。

あぁぁ~!精神と時の部屋が欲しいです!

最後の願掛けが楽しい!

あと最後の試験対策として心がけているのは、ラーメン食べる事ですね。

『試験前に特定のラーメン屋さんでラーメンを食べて、試験に合格する』っていう願掛けを行っていますが、今のところ13連勝を達成してます。

(これだから痩せれなくてピチピチと言う・・・)

まとめ

以上の学習を経て無事にAWS認定 Database - Specialty試験に合格することができました。改めてDatabase関連サービスの内容を理解することが出来て良かったです。

また、これは他のAWS認定試験でも感じる事なのですが、「サービス詳細を理解することにより仕事に活用できる」ってのが個人的にも凄く良いことだと毎回思ってます。

自分や周りの方、お客様などの困り事をテクノロジーで解決できるのが良いですよね~

引き続き、誰かのお役に立てるよう頑張ります。

以上、サーバーワークス日本最南端社員の久保玉井でした。

久保玉井純(執筆記事の一覧)

アプリケーションサービス部

サーバーワークス日本最南端社員

Twitter: @maijun2