【AWSアプデ 6/29】AWS WAFは15の新しいテキスト変換をサポート 他1件 #サバワ【#毎日AWS #227】

記事タイトルとURLをコピーする

はじめに

こんにちは!サーバーワークスの福島です。 今回は、 6/29のアップデートについて紹介していきます。

こちらの内容については、YoutubeやPodcastでもアップロードしているので、気になる方はぜひチェックしてください。


■ Youtube での配信

youtu.be

■ Podcast での配信

Apple Podcast や Spotifyなど、各種配信サービスにて「サーバーワークス」で検索!


では、最新1日のアップデートを見ていきましょう。
今回は 6/29 、2件のアップデートがありました。

アップデート内容

①AWS WAFは15の新しいテキスト変換をサポート

マネージドなウェブアプリケーションファイアウォールを提供するAWS WAF。 今回は、このAWS WAFが15個の新しいテキスト変換をサポートしたというアップデートになります。

このテキスト変換機能を使ことで、Webリクエストの異常なフォーマットの削除や ルール評価の前に入力をサニタイズ、つまり、危険なコードやデータを無力化することができます。

また、1つのルールに対して、最大10個のテキスト変換を組み合わせることができ、 ルールの評価前にテキスト変換は行われます。

追加されたテキスト変換には、UTF-8をUnicodeに変換したり、 入力のデータからMD5ハッシュを計算するといったものがあります。

他にも追加されたテキスト変換があるため、 気になった方は、ドキュメントをご確認ください。

②Amazon ConnectにApple Business Chatを統合できるように

クラウド型のコンタクトセンターを提供するAmazon Connect。 今回はこのAmazon ConnectにAppleが提供するBusiness Chatを統合できるようになったというアップデートになります。

Amazon ConnectにBusiness Chatを統合すると、 iPhone、iPad、またはMacでメッセージアプリケーションを使用したChatが可能となります。

AppleのBusiness Chatの利用料は、Amazon Connect Chatと同一の料金になります。

Amazon Connectを利用している方は、Business Chatの統合、検討してみてはいかがでしょうか。

以上2件、6/29のアップデートでした。

引き続き、毎日AWSではアップデート情報をお届けします。 応援よろしくお願いします。


おわりに

■ Podcast でも配信中!
Apple Podcast や Spotifyなど、各種配信サービスにて「サーバーワークス」で検索!

■ 過去の放送一覧はこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCRz5JqTKzfmHYSSSQhs2Y-qPFU201s3p

■ サーバーワークスSNS
Twitter: https://twitter.com/serverworks
Facebook: https://www.facebook.com/serverworks

福島 和弥 (記事一覧)

SRE3課

2019/10 入社

AWS CLIが好きです。