【AWSアプデ 06/18】Amazon Aurora PostgreSQL互換エディションがアップデート【#毎日AWS #221】

記事タイトルとURLをコピーする

はじめに

今回は、 6/18のアップデートについて紹介していきます。

こちらの内容については、YoutubeやPodcastでもアップロードしています!!

そして、、今回はAmazon Pollyに話してもらいました!!!

ぜひAmazon Polly Takumiの声を聞いてみたい方も聞いてみてください!!


■ YouTube での配信

- YouTube


アップデート内容

Amazon Aurora PostgreSQL互換エディションがアップデート

はい、こちらはAmazon Aurora PostgreSQLの互換エディションについてのアップデートになります。

今回のアップデートでは新たにバージョンサポートと、拡張機能の追加があります。

まず初めに、新たなバージョンサポートについてですが、

AmazonAuroraはPostgreSQL12.6、11.11、10.16、および9.6.21 をサポートしました。

拡張機能追加

1. 全文検索を高速化するためのpg_bigm拡張機能をサポート

pg_bigmは、PostgreSQLで全文検索機能を提供する機能となっていて、

日本語などのマルチバイト文字でエンコードされたテキストの全文検索を高速化することができます。

2. 時間やシリアルIDベースのテーブルパーティショニングを管理するためのpg_partman拡張機能をサポート

pg_partmanは、パーティション作成の自動管理システムやランタイムメンテナンスなど、

時系列ベースとシリアルベースのテーブルパーティションセットの両方を管理する機能となっています。

パーティショニングの機能を利用することで、データベースのパフォーマンス向上に役立てることができます。

3. データベースジョブをスケージュールするためのpg_cron拡張機能をサポート

pg_cronはcron構文を使用して、データベース内でタスクをスケジュールすることができます。

分析レポートのでーたを定期的にロールアップすることや、ストレージを再利用するためのバキュームジョブをスケジュールするなどのタスクをスケジュールできます。

4. PostgreSQLシステム統計にアクセスするためのpg_proctab拡張機能をサポート

pg_proctabは、OSのプロセステーブルにアクセスできる保存された関数のコレクションで、 データベースを介してシステム統計を照会できる機能です。

こちらの機能を利用することで、プロセッサに関する情報やSQLクエリの統計など、PostgreSQLデータベース上のデータを簡単に収集でき、トラブルシューティングが容易にできるようになります。

最後に

繰り返しになりますが、放送のフィードバックは YouTube のコメント欄または Twitterの「#サバワ」にて投稿をお願いします。 また次回、毎日AWSお楽しみに。 ではではっ!

篠﨑 勇輔(書いた記事を見る)

クラウドインテグレーション部 SRE2課

入社2年目