AWS Compute Optimizer でアーキテクチャの推奨を同時に確認できるようになりました

記事タイトルとURLをコピーする

営業部 佐竹です。
本日は AWS Compute Optimizer のちょっとしたアップデートをご紹介します。

はじめに

aws.amazon.com

2022年1月10日頃、上記のアップデートが発表されました。この新機能がどのような機能なのか解説します。

アーキテクチャの推奨を同時に確認可能に

aws.amazon.com

2021年8月末頃、Graviton2 インスタンス(Arm アーキテクチャ)のインスタンスタイプが推奨されるようにアップデートされました。

この時、既存の推奨は「Current (x86)」となり、「AWS Arm64」という表示オプションが追加され、これらどちらかの推奨を閲覧することができるようになりました。

しかし、x86 の推奨と Arm の推奨を同時に閲覧することはできませんでした。今回のアップデートで、これらが同時に閲覧できるようになりました。

f:id:swx-satake:20220112150121p:plain

アップデート後のマネジメントコンソールの画面キャプチャがこちらです。

これまではラジオボタンになっており二者択一でしたが、これがアップデートによりチェックボックスとなっています。そしてこのアップデートにより、x86 アーキテクチャと Arm アーキテクチャを並べて Option が最大3つまで比較できるようになりました。これまでは x86 アーキテクチャと Arm アーキテクチャを切り替えてそれぞれ比較する必要がありましたが、複数選択が可能となったことで少し便利になりました。

また、デフォルトでどちらのアーキテクチャもが選択され表示されるようになりました。これはつまり、Graviton2 をもっと使ってほしいという AWS からのメッセージなのだと思われます。

Migration effort の追加

加えて、Option の一覧に「Migration effort」という項目が追加されました。

f:id:swx-satake:20220112164351p:plain

値が Medium となっているものはアーキテクチャの変更を伴うもので、Very low となっているものはアーキテクチャの変更を伴わないものとなります。

インスタンスタイプの表示に慣れている方は、インスタンスタイプのファミリー部分末尾の g が Arm アーキテクチャである Graviton2 を示していることから、推奨されている Option がアーキテクチャ変更を伴うかどうかすぐに気付けると思いますが、全員がそうではありません。この項目はユーザーフレンドリーな機能追加と感じます。

懸念点

ただし、RDS と異なり EC2 インスタンスでは x86 アーキテクチャから Arm アーキテクチャ(Graviton2)へと容易には変更できません。アーキテクチャの切り替えには、Arm 対応の AMI から EC2 インスタンスを Launch をし直す必要があり、セットアップも再度必要となります。この煩雑さがネックです。

これらのハードルについては、以下のブログでも記載致しました。

blog.serverworks.co.jp

もしかすると、今後アーキテクチャの差分を何らかの形で吸収するような機能や、移行を行う機能が出てくるかもしれませんが、そのような便利機能が出ない限りはなかなか Graviton2 への切り替えは進まないのではと感じます。

まとめ

本日は AWS Compute Optimizer のちょっとしたアップデートをご紹介しました。

二者択一であった「x86 アーキテクチャと Arm アーキテクチャ」を並べて表示し、比較できるようになりました。加えて、デフォルトでどちらもが選択された表示となりました。

加えて「Migration effort」項目も追加され、よりユーザーフレンドリーな UI となりました。

re:Invent にて、AWS から「コスト最適化は持続的な社会継続のために必要」というようなメッセージもあり、それらの背景からますます今後も Graviton2 のプッシュがされてくると思います。

まだまだ日本国内では実績が乏しい状況となっている Graviton2 ですが、新規構築時に是非一度検討してみて頂ければ幸いです。

では、またお会いしましょう。

佐竹 陽一 (Yoichi Satake) エンジニアブログの記事一覧はコチラ

営業部カスタマーサクセス課所属。AWS資格12冠。2010年1月からAWSを利用してきました。2021 Japan APN Ambassador /2020-2021 APN ALL AWS Certifications Engineer。AWSのコスト削減、最適化を得意としています。