M5Stack Core2 for AWS で L チカ をやってみた

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、テクニカルサポート課の荒川です。
AWS 公式の Workshop の L チカを試した時に悩んだ点がありましたので共有となります。 該当の Workshop は以下となります。 core2-for-aws-iot-kit.m5stack.com

M5Stack Core2 for AWS 自体の紹介については、島村さんの過去記事がございます。 blog.serverworks.co.jp

結果から

Workshop の手順通りに進めることで、以下を学習することが出来ました。

  • オンボードのセキュアエレメントに、事前に用意されているセキュリティ証明書を使用して、AWS IoT Core に「モノ」を登録。
  • ESP-IDF (FreeRTOS kernel with symmetric multiprocessing) を使用して、リファレンスハードウェアから AWS IoT Core に MQTT メッセージを接続して送信
  • リファレンスで MQTT メッセージを受信し、LEDを点滅

悩んだ点

悩んだ箇所は、以下ページの ESP32 ファームウェアの設定手順になります。 ここでは、『キーボードの方向キーを使って』と書いてあります。

AWS IoT Core への接続 :: AWS IoT Kit

ここでは設定を行います。キーボードの方向キーを使って、その後、メニューから [AWS IoT Kit Configuration] を選択します。自分の Wi-Fi 認証情報で、[WiFi SSID] と [WiFi Password] を設定します。

しかしながら、私の環境ではキーボードの方向キーが機能しませんでした。 WiFi SSID 等を入力する必要があるのですが、しばらく色々と試行錯誤するも解決しませんでした。

対応方法について

調べたところ、以下ページに同じ事象について記載がありました。 結論として、キーボードの J と K キーで移動が出来ることを確認しました。 github.com ※ L チカが動作した時よりも感動したのは内緒です

まとめ

今回は同じ事象が発生した際に、解決が早まればと思い記事にしました。

今後もM5Stack について試したことを記事にしたいと思います。 この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

荒川 将吾(記事一覧)

マネージドサービス部・テクニカルサポート課