AWS マネジメントコンソールの調査のために HAR ファイルを取得する方法

記事タイトルとURLをコピーする

CI部 佐竹です。
本日は Google Chrome で HAR を取得する方法を記載します。

はじめに

AWS のマネジメントコンソールの UI に何らかの問題(意図しない動作)が発生した場合、AWS サポートは原因の切り分けのために HAR ファイルの提供を利用者に依頼する場合があります。

今回はその HAR ファイルの取得方法を記載します。注意点として、HAR ファイル内には、ファイルの記録中に閲覧したページの内容、または cookie 等の機密データが含まれている場合があるため、取り扱いにはご注意ください。

HAR ファイルの取得方法

デベロッパーツールを起動する

F12 キー、もしくは [Ctrl+Sfhit+I] でデベロッパーツールが起動できます。ブラウザ上から開く場合は、右上の「⋮」ボタンから「その他のツール」>「デベロッパーツール」へと移動してください。

f:id:swx-satake:20210630220342p:plain

HAR ファイル記録の前準備を行う

「Network」タブを開きます。

f:id:swx-satake:20210630221054p:plain

次に、左上にある「」に注目します。これは HAR がレコーディング中であることを示しています。赤くなっている場合は、一旦このボタンを押下して、レコーディングを中止します(Ctrl+E でもオフにできます)。

f:id:swx-satake:20210630221157p:plain

次に、その横にある Clear ボタンを押下して、今までのネットワークの記録を削除します。

f:id:swx-satake:20210630221426p:plain

「Preserve log」と「Disable cache」のそれぞれのチェックボックスにチェックを入れます。

f:id:swx-satake:20210630221927p:plain

HAR のレコーディング開始後、事象を再現させる

作業準備ができたら、「」を再度押下しレコーディングを開始します

F5キーを押下する、ボタンを押下するなどし、事象を再現させてください。

HAR ファイルをダウンロードする

矢印の「↓」マークを押下することで、「Export HAR file」= HAR のダウンロードが可能です。

f:id:swx-satake:20210630222258p:plain

ローカルに保存してください。

HAR ファイルを圧縮する

HAR ファイルは非常にサイズが大きくなる場合があります。HAR ファイルのやり取りのコストを下げる目的でも、Zip 等でファイルを圧縮してください。

これらの手順で、HAR ファイルが作成可能です。

まとめ

本日は、AWS マネジメントコンソールのトラブルシューティングで役に立つ HAR ファイルの取得方法について記載しました。

手軽に取得できるうえに、マネジメントコンソールの UI のトラブルシューティングには非常に役に立つのが HAR です。何か困った動作があったら、HAR を添えてサポートケースを起票しましょう。なお、AWS サポートケースに添付できるファイルサイズは限られています。その場合は、AWS サポートケースに S3 アップローダーを依頼することになります。

簡単ですが今回はこれまで。
ではまたお会いしましょう。

佐竹 陽一 (Yoichi Satake) エンジニアブログの記事一覧はコチラ

営業部カスタマーサクセス課所属。AWS資格12冠。2010年1月からAWSを利用してきました。2021 Japan APN Ambassador /2020-2021 APN ALL AWS Certifications Engineer。AWSのコスト削減、最適化を得意としています。