【Direct ConnectでオンプレとAWS環境を繋ぐ!第3弾】 仮想インターフェイス(VIF)の承認作業手順

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、技術2課の加藤ゆです

DXGWでオンプレとAWS環境を繋いでみよう!第3弾です!!!

今回は、仮想インターフェイス(VIF)の承認作業手順についてまとめていこうと思います。

第1弾はこちら
Direct Connect Gateway (DXGW) の構築手順

blog.serverworks.co.jp

第2弾はこちら
仮想プライベートゲートウェイ(VGW)の構築手順

blog.serverworks.co.jp

仮想インターフェイス(VIF)とは

AWS側の接続先のことを、Direct Connectでは仮想インターフェイス(VIF)と呼びます。
VLANのIDを持つインターフェースの事です。 このVIFによってユーザ環境とAWS環境(VPC)を接続(BGPピアを確立)しています。

3種類あります。
※接続先AWSリソースによって、利用する仮想インターフェイスのタイプが変わります、申請する仮想インターフェイスの種類にご注意ください。

1.プライベート仮想インターフェイス (プライベートVIF)
2.パブリック仮想インターフェイス (パブリックVIF)
3.トランジット仮想インターフェイス (トランジットVIF)

1. プライベートVIF

VPCにプライベートIPを使って接続します。 最大10個のVPCと接続が可能。

2. パブリックVIF

パブリックIPを使って接続。リージョン(中国を除く)を超えた接続が可能で、VPC外のAWSサービス(S3等)にオンプレから直接接続できます。
現在はPrivateLinkを利用して、S3に接続可能ですので、あまり利用はなさそうな気がします。

3. トランジットVIF

Trangit Gateway用のDirect Connect Gatewayに接続 TrangitGatewayに接続されたVPCを相互に接続が可能。
Trangit Gatewayを利用する場合はトランジット仮想インターフェイスでなければいけません

前提条件

本記事での前提条件を以下とします。
Direct Connectを利用して通信する方法は、他にもありますが以下の条件について記します。

  • Direct ConnectのConnectionは共有型
  • プライベートVIFの利用

インターネット事業者へ仮想インターフェイスの開設依頼

この条件の場合、共有型のConnectionを利用しますので、ユーザーはインターネット事業者へ、仮想インターフェイスの開設依頼をする必要があります。

本記事では、インターネット事業者による仮想インターフェイスの開設がされた後のAWS環境での作業について記載します。

インターネット事業者への仮想インターフェイスの開設依頼事項については触れません。

f:id:swx-yuki-kato:20220208162335p:plain

AWS環境での作業

上記前提で、Direct Connectを利用して通信を可能とするには、大きく3つのサービスの構築が必要です。

f:id:swx-yuki-kato:20211206164903p:plain

  1. 仮想プライベートゲートウェイ(VGW)の作成
    + VPCに関連付ける

  2. Direct Connect Gateway(DXGW)の作成
    + VGWに関連付ける

  3. 仮想インターフェイス(VIF)の承認
    + DXGWに関連付ける

1、2については第1弾、第2弾記事にて案内していますのでご覧ください。
今回は、3. 仮想インターフェイス(VIF)の承認 + DXGWに関連付けの作業についてまとめます。

仮想インターフェイス(VIF)の承認 手順

インターネット事業者によって仮想インターフェイスの開設がされると、AWSマネジメントコンソールに仮想インターフェイスが出現します。

f:id:swx-yuki-kato:20220125103851p:plain

act(Active)と stb(Standby)の仮想インターフェイスが出来ており、「confirming」(確認)状態であることが分かります。

作業前

f:id:swx-yuki-kato:20220125104413p:plain

  • 状態
    • confirming
  • BGPステータス
    • down
  • 接続先のDirect Connect ゲートウェイの記載無し

承諾作業

f:id:swx-yuki-kato:20220125105726p:plain マネジメントコンソールよりDirect Connect画面へ遷移
> 左ペインより「仮想インターフェイス」を選択
> 対象の仮想インターフェイスを選択
> 右上の「承諾する」を押下

f:id:swx-yuki-kato:20220125105629p:plain

  • ゲートウェイタイプ
    • Direct Connect Gateway
  • Direct Connect Gateway
    • アタッチ対象のDirect Connect Gatewayを選択

Direct Connect Gatewayへの接続に時間がかかるのでしばらく待ちます。

ゲートウェイタイプの選択

仮想インターフェイスをどこに付けますか?という選択箇所です。
今回は、Direct Connect Gatewayを利用した接続ですので「Direct Connect Gateway」を選択します。
VPCにアタッチされている、仮想プライベートゲートウェイに直接アタッチする事も可能です。

作業後

Direct Connect ゲートウェイに接続されていることが分かります。

f:id:swx-yuki-kato:20220125110849p:plain

  • 状態
    • available
  • BGPステータス
    • up
  • 接続先のDirect Connect ゲートウェイの記載有り

確認

最後に、DirectConnectを経由して伝播されてきているIPアドレスが意図したものであるか確認ができればOKです。接続先のルートテーブルを確認してみましょう。

マネジメントコンソールよりVPC画面へ遷移
> ルートテーブルを選択
> 仮想プライベートゲートウェイ向けのルートがあるルートテーブルをチェック
> 「ルート」タブを押下

「ターゲット:vgw-XXXXXXXXXXX」宛に意図したCIDRが伝播されてきているか確認

f:id:swx-yuki-kato:20220208154028p:plain

注意事項

1.プライベートVIFのBGPセッションあたりのルートは100までの制限があります。
まとめられるCIDRはまとめて広報しましょう
2.ルートテーブルの伝播「はい」でなければ、自動伝播されません。

おわり

以上、3. 仮想インターフェイス(VIF)の承認 + DXGWに関連付け作業をご紹介しました。

f:id:swx-yuki-kato:20211216221418p:plain

これにて、①②③全て完了です!Direct ConnectでオンプレとAWS環境を繋げました~
ご覧いただきありがとうございました。

  1. 仮想プライベートゲートウェイ(VGW)の作成
    + VPCに関連付ける

  2. Direct Connect Gateway(DXGW)の作成
    + VGWに関連付ける

  3. 仮想インターフェイス(VIF)の承認
    + DXGWに関連付ける

加藤 由有希 エンジニアブログの記事一覧はコチラ

クラウドインテグレーション部 所属

2020年4月に新卒入社