Amazon WorkSpaces クライアントアプリケーションのカスタマイズができるようになりました。

記事タイトルとURLをコピーする

AWS CLIが好きなテクニカルサポート課の市野です。

本日のAWS CLIのchangelogを見ていて、Amazon WorkSpacesで興味深い変更がありましたので、ご紹介します。

https://github.com/aws/aws-cli/blob/develop/CHANGELOG.rst#12286

<抜粋>

api-change:workspaces: Added APIs that allow you to customize the logo, login message, and help links in the WorkSpaces client login page. To learn more, visit https://docs.aws.amazon.com/workspaces/latest/adminguide/customize-branding.html
(和訳)
WorkSpacesクライアントログインページのロゴ、ログインメッセージ、ヘルプリンクをカスタマイズできるAPIを追加しました。詳しくは、https://docs.aws.amazon.com/workspaces/latest/adminguide/customize-branding.htmlをご覧ください。

カスタマイズ可能部分について

ドキュメントによると、Amazon WorkSpacesクライアントアプリケーションの、以下の4ヶ所をカスタマイズできるとのことです。(画像は該当ページより引用しています。)

WorkSpaces クライアントのサインイン画面

カスタムブランディング要素

カスタム可能な要素それぞれについての要件、推奨事項、制約は以下の通りとなっています。

# 要素 説明 要件と推奨事項
1 サポートリンク ユーザーが WorkSpaces のヘルプについて問い合わせるためのサポートメールリンクを指定できます。supportMail 属性を使用するか、supportLink 属性を使用してサポートページへのリンクを提供することができる。 ・各プラットフォームタイプについて、supportEmailsupportLink パラメータは相互に排他的である。プラットフォームタイプごとに 1 つのパラメータを指定できますが、両方を指定することはできません。
・デフォルトの電子メールは workspaces- feedback@amazon.comです。
・長さの制約:最小長は 1 です。
・最大長は 200 です。
2 ロゴ ユーザーが WorkSpace パスワードを忘れた場合にアクセスできる Web アドレスを追加できます。これは forgotPasswordLink 属性を使用して行うことができます。 ・使用できる画像フォーマットは .pngだけです。
・ロゴ URL の長さの制約:最小文字数は 1 です。
・最大長は 200 です。
3 パスワードを忘れた場合のリンク ForgotPasswordLink 属性を使用して、ユーザーが WorkSpace のパスワードを忘れた場合にアクセスできる Web アドレスを追加できます。 ・長さの制約:最小文字数は 1 です。
・最大長は 200 です。
4 ログインメッセージ サインイン画面で loginMessage 属性を使用してメッセージをカスタマイズすることが可能です。 ・各プラットフォームタイプにおいて、supportEmailsupportLink パラメータは相互に排他的である。プラットフォームタイプごとに 1 つのパラメータを指定できますが、両方を指定することはできません。
・デフォルトのサポートリンクは workspaces- feedback@amazon.comです。
・メッセージ長の制約:最小長は 1 です。
・最大長は 200 です。

まとめ

WorkSpacesクライアントアプリケーションを自社向けにカスタマイズすることにより、利用者から個別でのAWSへの問い合わせを抑制させ、情報システム担当や社内ヘルプデスクに集約させるなど、トラブル発生時の行動の統制に役立てることができそうです。

次回ブログでは、実際にカスタマイズをやってみたいと思います。

ではまた。