Amazon Translateを利用したAlexaスキル「和英翻訳くん」を公開しました!

記事タイトルとURLをコピーする

Amazon Translate

 こんにちは、サーバーワークスのこけしの人、坂本(@t_sakam)です。今回は、新しいAlexaスキルの公開のお知らせです。タイトル通りなのですが、Amazon Translateを利用した和英翻訳スキル「和英翻訳くん」を公開しました〜! こちらは、先月公開した感情分析スキル「感情分析くん」の兄弟スキルになります!

和英翻訳くん

Alexaスキル:和英翻訳くん

感情分析くん

Alexaスキル:感情分析くん

和英翻訳くんとは?

 Amazon Translateを利用して、ユーザーが話した日本語を英語に翻訳するスキルです。

 翻訳機能は、Alexaの基本機能にもありますが、今回はAlexaの翻訳機能にはない特徴をいくつか付けてみました。一番の特徴は、翻訳後の英語の声が選べることでしょうか。
 選んだ声は一度設定するとスキルが記憶するので、毎回選ぶ必要はなく、スムーズに翻訳を行うことができます。もちろん、後で他の声に設定し直すこともできます。

 他にも、個人的に「こんな仕様だったら使いやすいな」という仕様を採用し、Alexaの翻訳機能と差別化を図ってみましたので、ぜひ一度試してみてください〜!

Amazon.co.jp: 和英翻訳くん: Alexaスキル

以下、スキルの説明から抜粋

和英翻訳くんは、Amazon Translateを利用して、あなたが話した日本語を英語に翻訳します。あなたが英語にしたい言葉を、一言、話してください。
翻訳後、別の言葉を話すと、続けて翻訳できます。
また、翻訳後の英語の読み上げの声を選択できます。
初回利用時に、女性1、女性2、男性1、男性2の中から声を選んでください。

翻訳された英語をもう一度聞きたい場合は、翻訳後に
「リピート」と言ってください。
翻訳後の英語の読み上げの声を設定し直したい場合は
「声の設定」と言ってください。
スキルを終了したい場合は
「おしまい」と言ってください。

和英翻訳くんの特徴

 最初に少し触れましたが「和英翻訳くん」には、以下のような特徴がありますので、それぞれ少し詳しく見ていきたいと思います。

  1. 声が選べる
  2. あえて和英翻訳のみ
  3. リピート機能
  4. 続けて翻訳
  5. 画面表示

特徴詳細&利点

  1. 声が選べる
    1. 初回利用時に女性1、女性2、男性1、男性2の中から選択。あとで変更も可能
    2. 音声アシスタントの声は女性の声が多いが、和英翻訳くんは、男性の声も選べるので、男性の声の発音で聞きたいという場合は参考になる(かも?)
  2. あえて和英翻訳のみ
    1. 利用頻度が高いと思われる和英翻訳に限定することで、言語指定の手間を省く。「○○語で翻訳して」と言わないで済む
  3. リピート機能
    1. 翻訳後に「リピート」と言うと、もう一度言ってくれる。聞き取れなかった場合も続けて聞くことができる
  4. 続けて翻訳
    1. 翻訳後に別の日本語を話すと、続けて翻訳してくれる。続けて翻訳したい言葉がある場合も再度スキルを起動しなくてよい
  5. 画面表示
    1. 画面付きEchoを利用している場合は、翻訳された英語と翻訳前の日本語が画面に表示されるので、文字でもチェックできる

Amazon Translateとは?

 Amazon Translateは、AWSの機械翻訳サービスです。深層学習モデルを使用することで、従来の統計ベースやルールベースの翻訳アルゴリズムよりも正確で自然な翻訳を実現します。

Amazon Translate(高速で高品質なニューラル機械翻訳サービス)| AWS

 Amazon Translateは、「和英翻訳くん」が利用している日本語、英語だけではなく、55の言語に対応しています。

まとめ

 今回は、新しいAlexaスキル「和英翻訳くん」公開のお知らせでした。個人的に「こんな仕様だったら使いやすいな」という仕様を採用し、Alexaの翻訳機能と差別化を図ってみましたので、ぜひ一度試してみてください〜!

 また、ちょうど最近Alexaはマルチリンガルモードに対応したそうなので、「先に『和英翻訳くん』を利用して、英語で何て言うかを確認してから、Alexaに英語で話しかけてみる」という使い方もタイムリーな使い方としていいかもしれません!
 もし、好評であれば、バージョンアップや機能追加等も考えたいと思います〜!

 いや〜、Amazon Translateって本当にいいものですね!

坂本 知子(記事一覧)

サーバーワークスのこけしの人(@t_sakam)。2020 APN AWS Top Engineers。