AWS環境でオンプレミスDNSを使える方法 (Route 53 Resolver アウトバウンドエンドポイント)

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは!イーゴリです。

今回の記事ではAWS環境で、DX/VPN経由でオンプレミス環境にあるDNSサーバーのDNSの名前解決をする方法をご紹介致します。

構成図

前提条件

  • オンプレミス環境にDNSサーバーがあること
  • AWS環境からオンプレミスのDNSサーバーまでの通信が取っていること(DXやSite to site VPNなど)
  • VPC及びサブネットがあること
  • オンプレミスネットワーク及びAWSネットワークのルートが正しく設定されていること
  • VPCの設定で [enableDnsHostnames] および [enableDnsSupport] を [true] に設定されていること

アウトバウンドエンドポイント用のセキュリティグループの作成

Amazon Route 53 Resolver Endpointの設定後に割り当てるセキュリティグループの変更することができないので、エンドポイント用のセキュリティグループを作成します。

アウトバウンドルール
プロトコルのタイプ ポート番号 送信先 IP
UDP 53 <オンプレミスのDNS IP>/32
TCP 53 <オンプレミスのDNS IP>/32

Amazon Route 53 Resolver アウトバウンドエンドポイントの作成

[Route 53] > [アウトバウンドエンドポイント] > [アウトバウンドのみ] > [次へ]をクリックします。

適切なパラメーター(エンドポイント名やVPCや上記で設定したSGなど)を入力します。

[IP アドレス #1]/[IP アドレス #2]の[アベイラビリティーゾーン]及び[サブネット]を選択し、[次へ]をクリックします。

3つ目のAZを追加したい場合

3つ目のAZを追加したい場合、[別の IP アドレスの追加]をクリックしてください。

アウトバウンドエンドポイントのIPを自分で指定したい場合

アウトバウンドエンドポイントのIPを自分で指定したい場合、[自分で指定した IP アドレスを使用します。]を選択します。

ルールの作成

ルールの画面でルールを設定します。

ルールタイプは3つ存在していますが、2つからしか選べません。

  • 1) 転送:[アウトバウンドエンドポイント]のIP アドレスに DNS クエリを転送します。

  • 2) システム:[転送]で設定した特定ドメイン名の中にある特定サブドメインのDNSクエリをAmazon Route 53 Resolverで名前解決します。

上記のルールタイプの説明について、下記の図をご参考ください。

  • 3) 再帰:既定、選べない、削除できないルールです。

  • ルールタイプ:転送
  • ドメイン名:onprem.int

  • ターゲットIPアドレス:フォーワード先のDNSアドレスとListenしているPortを指定

[次へ]をクリックします。

次のページで[送信]をクリックします。

アウトバウンドエンドポイントの作成まで待機します。

完了です!

[ルール]欄で既存のルールを確認することができ、追加で新規ルールも作成することができます。

以上、御一読ありがとうございました。

関連記事

blog.serverworks.co.jp

イーゴリ (記事一覧)

クラウドインテグレーション部・エンジニア

特にTerraform(自動化)、ネットワーク系、DNS、VDI、Windows Serverに興味があります

日本国内旅行・ドライブが好きです