Amazon Route 53 をサブドメインの委任先DNSサーバーとして利用

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、クラウドインテグレーション2部 技術1課 宮形 です。

最近、サブドメインについて調べて理解を深める機会があったので、本BLOGにて紹介します。

とある社内からの相談は「すでに(AWS以外で)ドメイン取得とDNSサーバーを運用している状態から、サブドメインを設けて AWS の Amazon Route 53 (以下 Route 53 と記)でレコードを設定できるか?ドメインはAWSへ移管しない前提とする。」でした。

結論としては「可能」なのですが、実際にどのように設定すればよいかイメージをつかみたく、手元の環境でテストしました。そのときの内容をご紹介させていただきます。

概要

ゴールを下記のようにします。すでに存在しているドメイン名は miyagata.abc とします。

区分 ドメイン名 DNSサーバー
miyagata.abc AWS以外のベンダーが提供
sub.miyagata.abc Route 53

例えば www.sub.miyagata.abc としてWebサービスを公開したくなった場合、DNSレコードは Route 53 で登録・運用していくのが希望です。図にすると下記のようになります。

DNSサブドメインの権限委譲を用います。概念については弊社メンバーのブログにまとまっているので、そちらをご参照ください。下記のブログは、親・子 の両方が Route 53 のケースで紹介しております。考え方は同じです。

blog.serverworks.co.jp

私の検証では、AWS以外が提供するDNSサーバーとして「お名前.ドットコム」を利用しました。

設定手順

先にサブドメイン側の Route 53 を設定し、続けて親ドメインの お名前.ドットコム を設定しました。

Route 53 側の設定

AWS マネージメントコンソールより Route 53 コンソールへ移動します。 [ホストゾーン] - [ホストゾーンの作成] をクリックします。

「ホストゾーンの作成」の画面になります。下記のように設定します。[ホストゾーンの作成]をクリックします。

項目 設定値
ドメイン名 sub.miyagata.abc
タイプ パブリックホストゾーン

ホストゾーンの一覧より、今ほど作成したドメイン名をラジオボタンで選択し、[詳細を表示] をクリックします。

表示される画面の [ホストゾーンの詳細] をクリックして展開します。[ネームサーバー] に4つのサーバー名が記載されているので、メモ帳などにコピーして控えておきます。

Route 53でホストゾーンを作成すると、初期では NSレコード、SOAレコードの2つがあります。動作確認用に エイリアスレコード を追加します。[レコードを作成] をクリックします。

本BLOGの検証では、ALBをターゲットとしたエイリアスレコードを登録しました。

項目 設定値
レコード名 sv01.sub.miyagata.abc
トラフィックのルーティング先 エイリアス:オン として、ALBを選択する

以上で Route 53 側の設定は完了です。続けて、親ドメインのDNSサーバーを設定します。

親ドメインDNSサーバー (お名前.ドットコム) 側の設定

下記のようにNSレコードを設定します。設定としてはこれだけです。VALUE は、先ほど AWSマネージメントコンソールで確認した値とします。

ホスト名 TYPE TTL VALUE
sub.miyagata.abc NS 86400 ns-XXXX.awsdns-XX.co.uk
sub.miyagata.abc NS 86400 ns-XXXX.awsdns-XX.net
sub.miyagata.abc NS 86400 ns-XXXX.awsdns-XX.org
sub.miyagata.abc NS 86400 ns-XXXX.awsdns-XX.com

動作確認

nslookup や dig コマンドで ALB のグローバルIPアドレスが返されることを確認します。

nslookup
sv01.sub.miyagata.abc

まとめ

サブドメインとして別DNSサーバーでレコード運用する方法は、メリット・デメリットがありすべてのケースでお勧めできるわけではないです。AWSで構築する部分は保守ベンダーの作業範囲としたい場合など、責任分解したいときは検討するとよいと思います。

なお、サブドメインの利用が終わった際は、速やかに親ドメインからNSレコードを削除しましょう。 NSレコードを残したままにすると、最悪の場合ドメイン名ハイジャックに利用される恐れがあります! *1

*1:参考:親の心子知らず?委任にまつわる諸問題について考える~ランチのおともにDNS~ https://jprs.jp/tech/material/iw2012-lunch-L3-01.pdf

宮形純平(執筆記事の一覧)

クラウドインテグレーション部 技術1課

好きなお酒は缶チューハイと本格焼酎