Amazon RDS for PostgreSQLでも自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーできるようになりました。

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは。AWS CLIが好きな福島です。

昨日のアップデートで、Amazon RDS for PostgreSQLでも自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーできるようになりました。

aws.amazon.com

Amazon RDS for PostgreSQLでもと記載している通り、実は、Amazon RDS for Oracleでは、 昨年の12月に自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーできるようになっておりました。

aws.amazon.com

今回は、実際に自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーしてみましたので、その内容をブログに記載いたします。

参考 docs.aws.amazon.com

ポイント

  • サポートされているDBエンジンは、以下の通りです。
    ①Oracleバージョン12.1.0.2.v10以降
    ②PostgreSQLバージョン9.6以降

  • 暗号化されていないRDSのみ、サポートしております。

  • サポートしているリージョンは、以下の通りです。
    ①us-east-1とus-west-2の間
    ②eu-central-1とeu-west-1間
    ③ap-northeast-1(東京)からap-northeast-3(大阪)
    ※ap-northeast-3(大阪)からap-northeast-1(東京)へのコピーは対応していません。

  • 新規または既存のDBインスタンスで設定可能です。

設定項目

自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーする設定は以下の通りです。
※「暗号を有効化」にチェックが入っていると設定が表示されないので、注意。

  • Enable replication in another AWS Region
    チェックを付ける

  • Destination Region(コピーするリージョン)
    東京リージョンの場合、Asia Pacific(Osaka)のみ、指定可能です。

  • Replicated backup retention period(コピーしたバックアップの保持期間)
    1日~35日で設定可能です。

f:id:swx-fukushima:20210309234535p:plain

設定が完了すると以下のように表示されます。

f:id:swx-fukushima:20210309234628p:plain

動作確認

そして、東京リージョンにあるRDSの自動バックアップが行われると以下の通り、大阪リージョンに自動バックアップが自動でコピーされました。

f:id:swx-fukushima:20210309235339p:plain

終わりに

今回のアップデートでAmazon RDS for PostgreSQLでも自動バックアップをクロスリージョンに自動でコピーできるようになり、 より簡単にDR対策ができるようになりましたので、これを機にDR対策について、検討してみてはいかがでしょうか。

福島 和弥 (記事一覧)

SRE3課

2019/10 入社

AWS CLIが好きです。