Direct Connect VIFのCloudWatchメトリクスが見られるようになりました

記事タイトルとURLをコピーする

技術三課の杉村です。AWS環境の運用者にとって嬉しいアップデートがありました。

AWS Direct Connect の強化されたモニタリング機能

AWS Direct Connect をご利用のお客様は、CloudWatch メトリクスを使用して、AWS Direct Connect 仮想インターフェイス (VIF) の使用状況、状態、正常性を監視し、アクションを実行できるようになりました。

従来は、Direct Connect の「Connection(物理接続、いわゆる土管)」の接続状態・トラフィックスループット・光レベルをCloudWatchで確認することができました。 しかしながらVIFのデータ流量等を見たい場合は、オンプレのルータ側でSNMPなどで取得したデータを頼りにするしかありませんでした。 (回線キャリアによっては、これを確認できるコンソール画面を提供している場合もあります)

今回のアップデートで Connection だけでなく、 Virtual Interface (略してVIF。Connectionの中を通る論理接続) の bps (bits per second) と pps (packets per second) を確認できるようになったのです。

1. VIFってなんだっけ...

ところで、Virtual Interface(VIF)とはなんでしたっけ。 Direct Connect関連の仕様は、以下のブログを順に読んでいくと分かりやすいかもしれません。 VIFの概念だけであれば、No 1のブログをお読みください。

  1. AWS Direct Connectの概念の整理…Connectionとは?VIFとは?
  2. DX系サービスの変遷とAWS Transit Gatewayの嬉しいところ

  3. AWS Transit GatewayとDirect ConnectのマルチAWSアカウント構成

  4. Transit Gatewayで実現するマルチリージョン構成・マルチアカウント構成

これまでCloudWatchで状態を見ることができた Connection とは物理回線のことであり、その "土管" の中に論理回線である Virtual Interface(VIF) が通っていて、VIFの中を実際のデータが行き来しているとイメージしてください。

2. 何がうれしいの?

2-1. ユースケース

以下のようなときに、VIFのデータ流量を確認したくなるでしょう。

  • ネットワークメンテナンスの時間を決めるとき

    • 利用が最も多い・少ない時間帯を特定できる
  • トラブルの発生時の切り分け

    • オンプレとデータをやりとりするバッチ処理で遅延が... どこで詰まっている?
    • 昨日の夜中、回線が一時断絶したらしい。何時ころに起こった?
  • 回線増強の検討時

    • 今時点でどのくらい使われていて、どのくらいまで増やせばよさそう?

2-2. Hosted Virtual Interface でもマネコンでデータ流量を確認できる

AWS Direct Connectのいわゆる「共有型回線」のサービスをパートナーと契約して利用している場合、前掲の 1. のブログの Hosted Virtual Interface というものに該当している場合があります。 このパターンの場合、Connection はサービス提供者が持っており、利用者は VIF の払出を受けて利用します。 利用者のAWSアカウントからは Connection が見られないため、 Connection の CloudWatchメトリクス も当然見られません。

つまりこのパターンの場合ですと、以前は利用している Direct Connect の利用状況が見えな(モニタリングできな)かったわけです。 (前述のとおり、回線キャリア等の情報を頼りにしていました)

今回のアップデートでは VIF 単位で情報が見ることができるようになりましたので Hosted Virtual Interface を利用している場合でも、AWSマネジメントコンソールでデータ流量が確認できます。

3. 閲覧手順

  1. サービス一覧から「CloudWatch」を選択しCloudWatchのコンソールへ遷移します

  2. 左部ペインから「メトリクス」をクリックします

  3. 下部ペインから「DX」をクリックします(なおDXとはDirect Connectの略称です)

  4. 下部ペインから「仮想インターフェイスメトリクス」をクリックします

  5. 下部ペインにAWSアカウント内のVIFとそのメトリクスの一覧が現れます。必要なメトリクスを選択し、グラフを表示します

杉村 勇馬 (記事一覧)

クラウドインテグレーション部 技術3課 課長

マルチAWSアカウント管理運用やネットワーク関係のAWSサービスに関するブログをよく書いています

2020年10月現在、ハマっているものはポケモン ソード(遅い)