他社管理ドメインを使用したACM証明書取得とSSL非対応のサイトのSSL対応

記事タイトルとURLをコピーする

みなさんこんにちは。

SSL非対応のサイトをALBを使ってSSLに対応させる際に、ACMでのハマりポイントがありましたので

現在の環境

ALB配下にWebサーバが2台ぶら下がっており、外部からはHTTP(ポート80)で各ページにアクセスできる環境です。


やってみた

1.リスナーの追加をクリック

2.プロトコルの画面でHTTPSを選択

3.Default actionsで Forward を選択

4.現在のターゲットグループを選択

5.Default SSL certificateで From ACMを選択し、すぐ下のRequest new ACM certificateをクリック ※すでにACMの設定がされている場合は、Select a certificateから選択する

6.リクエストのボタンをクリックする

7.パブリック証明書をリクエスト を選択し、次へをクリックする

8.他社で取得している完全修飾ドメイン名を入力する

9.検証方法を選択で DNS 検証 - 推奨 を選択する

10.リクエストをクリックする

11.ステータスが保留中の検証になっている項目の証明書IDをクリックする

12.CNAME名とCNAME値をメモする

13.DNS管理画面でCNAMEの値を登録する ※画面はGoogleDomainの管理画面です
※ドメイン管理サイトにもよりますが、コピーした値の中からドメイン部分(またはサブドメイン部分)を削除し記載する必要があるケースもあります
※一緒にロードバランサーのDNS 名をCNAMEに登録すると、登録したアドレスでWebサイトにアクセスできます

14.しばらくするとステータスが発行済みになりますので、発行済みになればALBの管理画面に戻ります

15.発行した証明書を選択します

16. Addをクリックする

17.HTTPSでALBのDNS名にアクセスすると証明書のエラーが表示されますので、SSLの通信が有効化されていることが確認できます

18.登録したアドレスでアクセスすると、証明書のエラーがでないことが確認できます。これでサイトのSSL対応が完了しました。

まとめ

証明書発行をする際に、サブドメイン名を指定し証明書を発行したあとでDNS設定の画面でCNAMEとして登録するところがはまりやすいポイントかと思いますが、Webサーバに証明書をインストールする手間などを考えるとSSL対応がとても簡単に導入できそうですね。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

塩野 正人 ブログ記事一覧はコチラ

マネージドサービス部MS2課(MS部MS2課)所属。ネコが好きです。