沖縄ワークスタイル

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

連続真夏日80日を超えて、残暑どころかまだまだ夏が終わらない沖縄でのワークスタイルの様子をお伝えしようと思います。
技術1課の高江洲です。現在は関西在住なので大阪のオフィスで働いています。
もともと沖縄出身で10月は友人の結婚式や祖父のお祝いなどがあり、帰省するタイミングが多かったので「クラウドワークスタイル」という制度を利用して2週間沖縄で働くことにしました。

クラウドワークスタイルについて

簡単に言うとリモートワークの制度です。出社せずに自宅やコワーキングスペースのような場所で働くことが認められている制度です。
社内では結構利用されている制度で、通常は主に自宅で作業をするメンバーが多い印象です。以下の過去の記事もご参考にしてください。

沖縄の10月

10月末まではほとんどのビーチで海開きしていて普通にビーチで泳げます。さらに今年は80日以上連続真夏日が続いているようで、毎日30度超えなので8月と変わらない真夏のような気候です。また毎年体育の日の3連休は那覇まつりが開催され、世界一の大綱挽など10月の沖縄はイベントが盛りだくさんです。
僕はその3連休で夏を満喫するため無人島に行ってきました。

  • 無人島の海の様子

http://corporate-tech-blog-wp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/tech/wp-content/uploads/2017/10/IMG_4862.jpg

http://corporate-tech-blog-wp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/tech/wp-content/uploads/2017/10/IMG_4875.jpg

  • 那覇まつりの様子

http://corporate-tech-blog-wp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/tech/wp-content/uploads/2017/10/IMG_4847.jpg

沖縄でのリモートワーク

平日は普通に仕事をしているのでそのことについても少し書いてみたいと思います。

宿泊の部屋探し

沖縄は実家もありますが、仕事するにはインターネット環境が必要なので、利便性も考え那覇市内でネットが利用できる部屋をAirbnbで探しました。
最初はビジネスホテルなども検討したのですが、2週間という長い期間だと10万弱の費用がかかってしまうので諦めました。

その中で以下の点を必須として部屋を探しました

  • ネット環境が用意されている
  • 家族3人が寝泊まりできる
  • できるだけ安く

結果、、いい部屋を見つけました

  • 2週間で5万円ほど
    • キャンペーン割引というのも適用されている
    • ビジネスホテルの約半額
  • テレビ32型
    • HDMIケーブルでつないで、仕事のサイドディスプレイとして利用できる
  • 洗濯機がある
    • ホテルはコインランドリーになってしまうのでよかった
  • 有線LAN
    • 無線はwifiルータを用意して、仕事中は有線LANを利用
    • アパートで共有なのか回線速度はそこまでよくない(1MB-5MBくらい)
  • 仕事中の様子
    • それほど大きな問題もなく日々働けています。
      http://corporate-tech-blog-wp.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/tech/wp-content/uploads/2017/10/IMG_4907.jpg

最後に

今回は2週間ほどの滞在ですが、Airbnbで民泊の部屋を探すのはとても正解でした。
また、リフレッシュもでき、家族と過ごす時間も増えたような気がします。
ただし、仕事環境を自宅以外で整えるのも多少大変だということがわかりました。(一番は安定したネット環境を用意するのが難しい)

自由に裁量をもって働きたいという方はぜひリクルートページをご覧ください。
株式会社サーバーワークス 採用サイト

P.S.

仕事をしている平日はほとんど部屋から出ず、沖縄にいるのかわからない状態なのは内緒です。
ちょっと寂しさもあったりします。( ̄ー ̄;

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」