S3 に置いたコンテンツを CloudFront を利用 してインターネットに公開する方法まとめ ( A )CloudFront のオリジンに Amazon S3 バケットを使用する方法

記事タイトルとURLをコピーする

本記事の概要につきましては大変お手数ですが 以下のブログをご参照ください
S3 に置いたコンテンツを CloudFront を利用 してインターネットに公開する方法まとめ

( A ) CloudFront のオリジンに Amazon S3 バケットを使用する方法

本記事で作成するのは以下の構成です

公式ドキュメントはお手数ですが以下をご参照ください
オリジンとしての Amazon S3 バケットの使用

 

手順

S3にバケットを作成しコンテンツを配置

[サービス]→[S3] の順にクリックします

  [バケットを作成]をクリックします

  [バケット名]に任意の文字列を入れて [バケットの作成]をクリックします ※ デフォルトで [パブリックアクセスをすべてブロック] のバケットになります

  バケットが出来ました

  トップページになる s3contents.html を作成しアップロードします  

  [次へ]を押します  

  [次へ]を押します

  [次へ]を押します

  [アップロード]を押します

    アップロードできました

  アップロードしたファイルの [オブジェクト URL] をブラウザで 確認してみます

  アクセス不可となります

  作成したバケットの[バケットポリシー]に何も入っていないことを確認します

   

CloudFront の作成

[サービス]→[CloudFront] の順にクリックします

  [Create Distribution] をクリックします

  [Web]セクションにある [Get Started] をクリックします

  作成した S3 バケット をプルダウンから選択して入れます (bucket-name.s3.region.amazonaws.com)

    [Restrict Bucket Access] を [Yes] に変更します ★重要  

  [Origin Access Identity] を [Create a New Identity] に変更します ★重要 また [Grant Read Permissions on Bucket] を [Yes, Update Bucket Policy] に変更します ★重要  

  他は変更せずに [Create Distribution] をクリックします

    作成中になります

      作成したディストリビューションを選択して [General] タブ にある [Edit] をクリックします

      [Default Root Object] に アップロードしたファイルのファイル名を入れ [Yes, Edit] をクリックします ※ CloudFront のURL xxxx.cloudfront.net にアクセスした際にトップページになります

 

Origin Access Identity (確認のみ)

CloudFrontの左ペインにある [Origin Access Identity] を確認すると作成した [Origin Access Identity] があります  

  S3 バケット のバケットポリシーを確認してみると 上の [Origin Access Identity] のみからアクセスを許可する バケットポリシーに更新しています

 

確認

CloudFront のURL xxxx.cloudfront.net にアクセスしたところ無事開くことができました ( CloudFrontのステータスが "deployed" になってから 15分ほど待ちました ご注意ください )  

HTTPS 化

通信の HTTPS 化 については以下に手順があります お手数ですがご参照ください

CloudFront と Amazon S3 オリジンとの間の通信で HTTPS を必須にする

  以上