【AWS】25番ポートメール送信時に必要なDNSレコード登録

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、技術2課の加藤ゆです。

EC2からメールの送受信を行いたい場合、25番ポートの制限解除申請と、逆引きレコード登録をする必要があります。
今回は登録が必要なDNSレコードについてまとめます。

25番ポート送信制限とは?

AWSのデフォルトの設定では、外向きの25番ポートに制限がかかっています。  
これは、AWSアカウント内のサーバーが知らない間にスパムメールの送信者にされそうになったとき、AWS内のサーバを守るためです。

ですが、純粋にメール送信させる用途でサーバを利用する事がありますね。
その場合、AWSへE メール送信制限解除申請をする必要があります。

AWS は、デフォルトですべての EC2 インスタンスと Lambda 関数のポート 25 (SMTP) でのアウトバウンドトラフィックをブロックします。ポート 25 でアウトバウンドトラフィックを送信する場合は、この制限の削除をリクエストできます。

制限解除の申請方法には、本記事では触れませんのであしからず、、、以下ご覧ください。

aws.amazon.com

逆引きレコードとは?

DNSでいう「PTRレコード」の事です。
PTRは「pointer record」の意のようですが、どこら辺がポインターなのかよく分かりませんでした。

正引きレコードが「A(AAAA)レコード」ですね。

  • 正引き:ドメイン名に対応するIPアドレスを割り出す
  • 逆引き:IPアドレスに対応するドメイン名を割り出す

したがって、IPアドレスからドメインを調べ出せるレコードの事を「逆引きレコード」と言います。

なぜ逆引きレコード登録が必要なの?

一般的に、スパムメールを検知するスパムフィルタには、逆引きできないIPアドレスからのメールは受け取らないことが多いとされています。

そのため、メールサーバのIPアドレスは逆引きレコードを設定し、送信元のIPアドレスが正当であると、証明出来るようにしておく事が推奨されます。スパムメールとして弾かれてしまうのを防ぐために逆引きレコード登録も一緒にしましょう。

今までは、逆引きレコード登録をするためにはAWSへの申請が必要でしたが、アップデートによりAWSマネジメントコンソールから更新可能となりました!  
サポートへ依頼することなく、自分で出来るのでイイですね。

Elastic IP アドレスの逆引き DNS をカスタマイズする機能が Virtual Private Cloud のお客様向けに追加のリージョンで利用可能に

公式ドキュメントはこちら docs.aws.amazon.com

メール送信時サンプル構成

その1~NAT有ver.~

ALBをEC2の前段に置いて、NATGWを利用するタイプ。
EC2はプライベートサブネットにおきます。

f:id:swx-yuki-kato:20211228154045p:plain

その2~NAT無ver.~

ALBを前段に置くのは同じですが、NATGWを利用せずにEC2をパブリックサブネットへ配置するタイプ。
EC2にEIPを付与します。

f:id:swx-yuki-kato:20211228154158p:plain

逆引きレコード登録

利用者がメールを受信するために、
メールの送信元の IP アドレスに対して逆引きレコード登録をする必要があります

逆引きレコード登録には、Aレコードの登録が必須です。Aレコードの登録が完了していなければ、逆引き登録は不可ですので、気を付けましょう。

Considerations

逆引き DNS レコードを作成する前に、Elastic IP アドレスを参照する、対応するフォワード DNS レコード (レコードタイプ A) を設定する必要があります

Elastic IP アドレス - Amazon Elastic Compute Cloud

その1~NAT有ver.~

利用者から見ると、送信元に見えるのはNATGWです。

  • 1.「NATGWのEIP」をAレコードを登録(ご利用のDNSへ)
  • 2.「NATGWのEIP」の逆引きレコードを作成(AWSマネジメントコンソールより)

NATGWを経由してEC2からメール送信する場合は、「NATGWのEIP」を正引きできるよう、利用しているDNSへAレコードを登録します。この場合、背後のEC2は受信者からは見えないので、メール送信制限解除申請・逆引き登録は不要となります。

その後、AWSマネジメントコンソール「EIP」より「NATGWのEIP」の逆引きレコードを作成します。

その2~NAT無ver.~

利用者から見ると、送信元に見えるのはEC2です。

  • 1.「EC2のEIP」をAレコードを登録(ご利用のDNSへ)
  • 2.「EC2のEIP」の逆引きレコードを作成(AWSマネジメントコンソールより)

EC2からメール送信する場合は、「EC2のEIP」を正引きできるよう、利用しているDNSでAレコードの登録をします。

その後、AWSマネジメントコンソール「EIP」より「EC2のEIP」の逆引きレコードを作成します。

逆引き登録方法

本記事では触れませんので、以下をご参照ください!

blog.serverworks.co.jp

おわり

メール送信時のレコード登録についてまとめました。
メール受信時にドメインでアクセスさせるためのレコード登録についても書くか、、、!?と思いかけて力尽きたのでここまでにします。

ご覧いただきありがとうございました!!

加藤 由有希 エンジニアブログの記事一覧はコチラ

クラウドインテグレーション部 所属

2020年4月に新卒入社