Windowsでjqコマンドを使いたい

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、サーバーワークスの加藤ゆです。

Windowsでjqコマンドを使いたくなったので、jqのインストール方法を記します。

そもそもjqコマンドとは

JSONのデータを抽出、変換、集計してくれるツールです。

stedolan.github.io

jqコマンドを利用すると、出力が整形されて見やすくすることが出来る事が大きな利点です。
jqコマンドのフィルタ機能を利用すると、必要な情報だけを整形して出力させる事ができるようになります。

たとえば
AWS CLIを利用する場合、出力形式はデフォルトでJSONですね。
実行する場合、ずらずらとJSONが出力されますが、jqコマンドを利用するとより視認性良い出力に出来ます。

前提条件

  • ソフトウェアをインストールするための管理者権限があること

実行環境

  • Windows Server 2019

Windowsでjqコマンドを利用可能にする

1. .exeファイルのダウンロード

GUIで実行

jq 公式サイト より、「Download jq」 > 「Windows(64-bit) 」を選択

f:id:swx-yuki-kato:20211124184705p:plain

CUIで実行

PowerShellにて以下コマンドを保存先フォルダーで実行

curl.exe -LO "https://github.com/stedolan/jq/releases/download/jq-1.6/jq-win64.exe"

curl.exeコマンドはWindows 10 Ver.1803から標準で付属しているコマンドで、Microsoftが作った独自バージョンのcURLです。

2. ファイル名を変更

jq は exe ファイルをダウンロード時は呼び出しコマンドが「jq-win64」となっています。(呼び出すファイル名がjq-win64のため)
呼び出しコマンドを「jq」として利用するためには、ファイル名を以下に変更してください。

jq-win64.exe

jq.exe

3. 環境変数のpathを通す

ユーザー環境変数のPathを編集

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」>「システム」>「システムの詳細設定」

f:id:swx-yuki-kato:20211124184935p:plain

「ユーザー環境変数」>「Path」を選択

f:id:swx-yuki-kato:20211124185019p:plain

「新規」> 「参照」よりjq.exe を配置したフォルダを選択

f:id:swx-yuki-kato:20211124185034p:plain

f:id:swx-yuki-kato:20211124185051p:plain

f:id:swx-yuki-kato:20211124185111p:plain

選択したフォルダの追加を確認後、開いた全ウィンドウを「OK」で閉じる

f:id:swx-yuki-kato:20211124185129p:plain

4. 実行確認

PowerShellコンソール、またはコマンドプロンプトでjqコマンドの利用確認を行う

$ jq -V
jq-1.6

戻り値は、インストール済みの現在のjqバージョンを示します。
(上記例は、実行バージョン1.6 )

以上、Windowsでjqコマンドを使いたいときのインストール手順でした。

加藤 由有希(書いた記事を見る)

クラウドインテグレーション部 技術2課

入社2年目