帽子をかぶって、スイッチロールをマスターしよう

記事タイトルとURLをコピーする

コーヒーが好きな木谷映見です。
今日はスイッチロールの概念と設定方法についてまとめていきます。

具体的な設定方法を知りたい方は「スイッチロールの手順」をご参照ください。

スイッチロールとは?

ざっくりとしたイメージ

「人んちの帽子をかぶったら人んちで遊べるようになるんだ!」
家族以外の人がBさんの家でゲームをするには、Bさんの家の帽子をかぶってBさんの家にお邪魔する必要があります。AさんはBさんの家の帽子を借りて、Bさんの家に行ってゲームで遊びます。
「帽子を借りて、Bさんの家でゲームする」の動作を、スイッチロールのイメージとお考え下さい。

真面目なイメージ

スイッチ(切り替え)ロール(役割)

AWS のドキュメントを英語で見ますと 「Switching to a role (console) 」と書かれています。画面右上で言語を切り替えると「ロールの切り替え(コンソール)」と和訳されます。
スイッチロールとは、IAM ロールを切り替えることを指します。
と言ってもピンとこないと思いますので、スイッチロールのイメージ図を見てみましょう。

スイッチロールのイメージ

まず、スイッチ元アカウントAのユーザが、スイッチ先アカウントBのEC2コンソールを閲覧したいなあと思っています。しかし、このままではアカウントをまたいでのアクセスはできません。

スイッチ先アカウントBのEC2コンソールを閲覧するために、以下の準備をします。

  • スイッチ先アカウントBに、IAM ロールを作成する
  • 作成した IAM ロールに、以下 2種のIAM ポリシーを付与する
    • スイッチ先アカウントBの EC2 コンソールを閲覧するポリシー
    • スイッチ元アカウントAの IAMユーザを信頼するポリシー
  • スイッチ元アカウントAのユーザに、以下のIAM ポリシーを付与する
    • スイッチ先アカウントBの IAM ロールを引き受けることを許可するポリシー

スイッチ元アカウントAのユーザが、スイッチ先アカウントBの IAM ロールを引き受けます。 スイッチ元アカウントAのユーザは、スイッチ先アカウントBのEC2コンソールを閲覧することができるようになります。

「帽子をかぶって力を得る」

IAM ロールのアイコンは帽子の形をしています。この帽子のイメージの通り、スイッチ元アカウントAのユーザが IAM ロールという帽子をかぶるイメージをしていただくと分かりやすいかと思います。
スイッチ先アカウントBの IAM ロールという帽子をかぶることで、帽子に宿ったスイッチ先アカウントBの操作権限を得ます。

IAM ポリシーの種類

スイッチロールについて理解するために、以下の IAM ポリシーについてご説明していきます。
IAM ポリシーとは、AWS サービスにアクセスするための権限です。実行できるアクション、リソース、および条件を制御します。
IAM ポリシーにはいくつかの種類があります。ここでは以下の3つを取り上げます。

  • アイデンティティベースのポリシー
  • リソースベースのポリシー
    • IAM ロールの信頼ポリシー

アイデンティティベースのポリシー

アイデンティティベースのポリシーには、以下の特徴があります。

  • IAM ユーザ、IAM ユーザーグループ、 IAM ロールにアタッチする
  • 操作主体(誰が使うか)は関連付けられた「IAMユーザ」「IAMグループ」「IAMロール」のいずれか
  • JSON で記述される
  • 「IDベースのポリシー」「ユーザーベースのポリシー」と呼ばれることもある

AWS 公式ドキュメントを見ますと、IAM ユーザ、IAM ユーザーグループ、 IAM ロールの3つをまとめて「アイデンティティ」と呼んでいます。それゆえ「アイデンティティベースのポリシー」と呼ぶようです。

リソースベースのポリシー

リソースベースのポリシーには、以下の特徴があります。

  • Amazon S3 バケットなど、特定の AWS リソースにアタッチする
    • 代表的なものは、Amazon S3 バケットポリシー、 Amazon SQS キューポリシーなど
  • 操作主体(誰が使うか)を表すPrincipalの明記が必要
  • JSON で記述される

すべての AWS サービスがリソースベースのポリシーをサポートしているわけではありません。リソースベースのポリシーをサポートする AWS サービスの一覧は、 IAM と連携するサービス をご参照ください。

IAM ロールの信頼ポリシー

IAM ロールの信頼ポリシーは、リソースベースのポリシーの一種で、以下の特徴があります。

  • IAM ロールに付与する
  • IAMロールの権限移譲先(誰が使うか)を表すPrincipalの明記が必要
  • 信頼ポリシーで書くアクションは「 sts:AssumeRole 」だけ
  • 「信頼関係」「信頼ポリシードキュメント」と呼ばれることもある(揺らぎあり)

sts:AssumeRole とは

英単語の「assume」には「引き受ける」という意味があります。
「IAM ロールを引き受けるアクション」のことを、概ね sts:AssumeRole と言います。
帽子の形のアイコンにちなんで何度か「IAM ロールという帽子をかぶる」と表現をしていますが、この「かぶる」というアクションをイメージしてください。

stsとは AWS Security Token Service という一時的認証情報をつかさどるサービスです。実は sts:AssumeRole というアクションの裏側では AWS STS が一時的な認証トークンを発行してうんたらかんたら…という活躍をしているのですが、今回は触れません。ざっくり「IAM ロールを引き受ける≒ AssumeRole なんだな!」ぐらいの認識で、スイッチロールの概念は理解できるはずです。

IAM ロールに付与されるポリシー

上記の通り、IAM ロールには「アイデンティティベースのポリシー」と「IAM ロールの信頼ポリシー」の二種類のポリシーが付与されます。

  • アイデンティティベースのポリシーは「何ができるか
  • IAM ロールの信頼ポリシーは「誰が IAM ロールを引き受けるか(誰が IAM ロールという帽子をかぶるか)」

を制御しています。

スイッチロールをする際の権限まとめ

スイッチロールのイメージ」で記載した各種ポリシーをもう一度まとめますと、以下の図のようになります。

スイッチロールの手順

スイッチロールの仕組みと各種ポリシーについておさえたところで、実際にスイッチロールの設定をしていきましょう。今回はマネジメントコンソールでスイッチロールします。
スイッチ元アカウントAとスイッチ先アカウントBを行き来しますので、別々のブラウザでログインするなど工夫して、どちらの AWS アカウントにいるのか間違えないようにしましょう。

スイッチ元アカウントA での準備①

スイッチ元アカウントA で、スイッチロールに使う IAM ユーザの ARN コピーしておきます。 IAM コンソールの画面左メニューで[ユーザ]を選択し、スイッチロールに使う IAM ユーザをクリックします。ユーザーの ARN が表示されているので、コピーします。 ついでに、スイッチ元アカウントAの AWS アカウント ID もコピーしましょう。

スイッチ先アカウントB での準備

スイッチ先アカウントBで IAM ロールの準備をします。

IAM ロールを作ります。AWS マネジメントコンソールで IAM の画面に遷移し、[ロール]-[ロールの作成]をクリックします。

まずはIAM ロールの信頼ポリシーを設定します。

  • 信頼されたエンティティタイプ:AWS アカウント
  • AWS アカウント:他の AWS アカウント
    • スイッチ元アカウントAの AWS アカウント ID を入力する

「次へ」をクリックします。

アイデンティティベースのポリシーを設定します。今回は EC2 コンソールにアクセスしたいので、AmazonEC2ReadOnlyAccessにチェックを入れ「次へ」をクリックします。

IAM ロールの名前を入力します。

「ロールの作成」をクリックします。

IAM ロールができました。

作成した IAM ロールを選択し、ポリシーを確認していきます。[許可]タブをクリックすると、アイデンティティベースのポリシーが表示されます。今回はAmazonEC2ReadOnlyAccessを付与していますので、以下のようなJSONポリシードキュメントが記載されています。

[信頼関係]タブをクリックすると、IAM ロールの信頼ポリシーが表示されます。現在の信頼ポリシードキュメントは以下のようになっていて、スイッチ元アカウントA のユーザすべてが"principal"に設定されています。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": {
                "AWS": "arn:aws:iam::<スイッチ元アカウントのAWSアカウントID>:root"
            },
            "Action": "sts:AssumeRole",
            "Condition": {}
        }
    ]
}

スイッチ元アカウントA のユーザすべてを許可した状態のままでもアクセスは可能ですが、今回は特定のユーザだけがアクセスするように IAM ロールの信頼ポリシーを修正します。「信頼ポリシーを編集」をクリックし、編集画面に遷移します。 "principal"に、スイッチ元アカウントユーザのARNを記入して保存します。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": {
                "AWS": "<スイッチ元アカウントユーザのARN>"
            },
            "Action": "sts:AssumeRole",
            "Condition": {}
        }
    ]
}

スイッチ元アカウントAの特定のユーザしかロールを引き受けないように、IAM ロールの信頼ポリシーを編集しました。 複数のユーザを IAM ロールの信頼ポリシーで許可したい場合は、以下のようにカンマ(,)区切りでスイッチ元アカウントAのユーザのARNを並べて入力すればよいです。

"Principal": {
  "AWS": [
    "arn:aws:iam::AWS-account-ID:user/user-name-1", 
    "arn:aws:iam::AWS-account-ID:user/user-name-2"
  ]
}

最後に、作成した IAM ロールの ARN をコピーしておいてください。

スイッチ元アカウントA での準備②

続いて、スイッチ元アカウントAで IAM ユーザの準備をします。

スイッチ元アカウントAで、ユーザに付与するアイデンティティベースのポリシーを作成します。AWS マネジメントコンソールで IAM の画面に遷移し、[ポリシー]-[ポリシーの作成]をクリックします。

[JSON]タブをクリックすると、最初は以下のようにJSONポリシーの枠だけが存在します。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": []
}

以下のJSONポリシーを貼り付けます。 "Resource"には、スイッチ先アカウントBで作成した IAM ロールの ARN を入れてください。これは、スイッチ先アカウントBの IAM ロールを引き受けるためのポリシーです。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": {
        "Effect": "Allow",
        "Action": "sts:AssumeRole",
        "Resource": "<スイッチ先アカウントの IAM ロールのARN>"
    }
}

「次のステップ:タグ」をクリックし、必要であればタグ付けします。今回はそのまま「次へ」をクリックします。

確認画面でポリシーに名前をつけ、「ポリシーの作成」をクリックします。

IAM ユーザに付与するアイデンティティベースのポリシーができました。

IAM ユーザに、作成したポリシーを割り当てます。画面左メニューで[ユーザ]を選択し、スイッチロールするユーザをクリックします。[アクセス権限]タブで「アクセス権限の追加」をクリックします。

作成したポリシーを選択し「次のステップ:確認」をクリックします。

確認画面が表示されます。「アクセス権限の追加」をクリックします。

IAM ユーザに、ポリシーを追加できました。

スイッチ元アカウントAからスイッチ先アカウントへスイッチロールする

スイッチロールします。

スイッチ元アカウントAのユーザで、右上のユーザ名をクリックして「ロールの切り替え」をクリックします。

以下内容を入力します。

  • アカウント:スイッチ先 AWS アカウントID
  • ロール:スイッチ先アカウントの IAM ロール名(ARNではない)
  • 表示名(オプション):スイッチ後の表示名
  • 好きな色を選択

最後に「ロールの切り替え」をクリックします。

スイッチロールし、スイッチ先アカウントに切り替わりました。前の画面で指定した色と表示名で、現在のロールが右上で確認できています。Amazon EC2 コンソールを開くと、EC2 インスタンスの一覧が見えています。これは、IAM ロールに AmazonEC2ReadOnlyAccess ポリシーが付与されているからです。

そのままスイッチ先アカウントで、 AWS IAM コンソールを開くと、権限不足で閲覧できないことが分かります。

スイッチ元アカウントAに戻る(スイッチバックする)際は、右上のロール 名をクリックして「スイッチバック」をクリックします。

スイッチロールのユースケース

複数、または多くの AWS アカウントを使用してシステムを構成する際、一つ一つのアカウントに IAM ユーザを一人ずつ作成する作業は大変で、ポリシー管理も煩雑になります。
そこで、一つのアカウントを IAM ユーザ管理用アカウントとし、他のアカウントには必要な権限だけを付与した IAM ロールを用意しておきます。作業の際はスイッチロールする運用にすることで、ID 管理がすっきりします。

もちろん、一時的に他の人のアカウントの設定を閲覧したい場合なども、スイッチロールは有効です。

参考

docs.aws.amazon.com

docs.aws.amazon.com

docs.aws.amazon.com

emi kitani(執筆記事の一覧)

AS部LX課。2022/2入社、亀の歩みで頑張っています。コーヒーとサウナが好きです。AWS認定11冠