【CloudFormation】AWS Managed Microsoft AD + DHCPOptionSet を構築する cfn テンプレートを書いてみた

記事タイトルとURLをコピーする

AWS Directory Service の一つ、 AWS Managed Microsoft AD(以下 AWS MMAD) 環境を構築できる CloudFormation を書いてみました。

Cfnテンプレートについて

★注意点★

  • Edition は Standard となっています。
  • パラメータで指定した VPC に対して、新規構築した DHCPOptionSet を関連付けます。DHCPOptionSet を変更したくない VPC は絶対に指定しないでください。

テンプレートは こちら になります。

作った背景

AWS MMAD は従量課金にもかかわらず停止ができないので、割とコストがかかります。

e.g. Standard Edition かつ、2つのドメインコントローラを持つ AWS MMAD を 1ヵ月間使った場合

1時間あたり 0.146USD × 24h × 30 days = 105.12 USD

参考: 料金 - AWS Directory Service | AWS

ゆえに、しばらく触らないときは消す必要がありましたが、何回も構築→削除を繰り返していたので、もういっそ CloudFormation に流すだけの方が楽なんじゃないかと思い作ってみました。

テンプレートの処理

このテンプレートを流すと、大きく3つの動作が行われます。

  1. AWS MMAD を構築する (30分近く時間がかかります)
  2. 構築した AWS MMAD の DNS サーバを関連付けた DHCPOptionSet を構築する。
  3. VPC と DHCPOptionSet を関連付けます。

最後に

当たり前ですが、スタックを削除したら AD 内のデータは消えてしまいます。
そこは、毎回環境を復元できる Powershell スクリプトを作るしかないと思います。。

スナップショットが AD 削除後も残ってくれれば一番いいのですが。。。

ほかにいい方法があればコメントで教えてください。

参考

菅谷 歩 (記事一覧)