【30分で動かすシリーズ】TrelloにAPIを使ってカードの起票や取得をしてみる

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

みんな大好きタスク管理ツールTrelloは、ユーザインタフェースが使いやすく、見てすぐ使いこなせます。
Trello00
ウェブ画面でさくさく使えますが、自動化や他サービスとの連携を考えるとプログラムで操作できると良い感じです。
TrelloにはAPIが用意されていて、プログラムからAPIを発行するとウェブ画面で操作するのと同じことができます。
これを試してみました。 

 

 

準備

APIを発行するには、IDやパスワードの代わりになるキーとトークンの取得が必要です。
これらをまず取得します。

Trelloにログインしておきます。

にアクセスします。すると、キーが表示されますので、これをメモっておきます
Trello02

にアクセスします。
下記のような画面が表示されるので、「Allow」をクリックします。
Trello03

下記のようにトークンが表示されますので、これをメモっておきます。
Trello04

このキーとトークンを使い、APIを発行してTrelloにカード起票などを行ないます。

 

 

カードを起票するまでやってみる

ボードとリストは下記のような状態です。
Trello01
「未着手」リストにカードを起票するまでをやってみます。

 

ボード一覧を取得してリスト一覧を取得する

「どのボードのどのリストにカードを起票するか」 を行なうため、ボードのIDとリストのIDが必要です。
これらのIDをAPIを発行して取得します。

ボードのIDは「57315cc146bf8f615b662ba9」と分かりました。

 

ボードにあるリストの一覧を取得

ボードのIDをURLに埋め込んでそのボードにあるリストの一覧を取得します。

「未着手」リストのIDは「 57315d66980bb80dfb51df6e」と分かりました。

 

メンバのIDを調べる

カードには担当者を示すメンバを登録できます。ボードに居るメンバの一覧を取得し、IDを調べます。

メンバ「Maeda」のIDは「 551b4f5b19a8a6363ca1940c」と分かりました。

 

カードを起票するスクリプトを用意する

ここまでのIDを使ってカードを起票してみます。
起票はスクリプトをざっくり作ってやってみます。いろんな言語のライブラリがありますが、今回はPythonでやってみます。

 

スクリプトを動かして起票してみる

スクリプトを動かしてみます。
スクリプトでprintで記載しているようにカードIDとカードの直リンクを出力しています。

 

 起票されたようです。ウェブで確認してみます。
Trello05
 
Trello06
無事カードが起票されました。 

 

 

リストにあるカードを取得する

どれだけカードがあるか(残タスクがあるか)を取得してSlackで通知するなどのシチュエーションがあるかと思います。
これができるようにカードの一覧を取得してみます。

API発行の結果はJSONで返されますので、あとは、カードのタイトルとURLをJSONからうまいこと抜いて、カードのメンバーから人を特定して、Slackで通知するとかちょっとがんばればできそうです。

 

 

終わりに

TrelloのAPIにはTrelloを操作するための命令がひととおり揃っています。
上記のようにcurlで叩いて気軽に何かできたりしますので、使いやすく試しやすいです。
もし、Trelloをお使いでしたら試してみてはいかがでしょうか。

 

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」