SSH用のKey Pair名は気をつけよう!

この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。
最近Prison Breakにハマっている、ブームは7年後に来る小室@福岡です。
お気に入りのキャラクターはFBIのAlexander Alex Mahoneです。
先日AWSのトレーニングを行なっていた時に、SSH用のKey Pair名について気づいた事があるのでご紹介します。 SSHの鍵ペア名はASCIIである必要があります。例えばこんな鍵だって作れます。 S3のバケット名の様に英数字と"."、"-"のみではなく、ASCIIを許可している為、顔文字のようなKayPairを作る事が出来ます。 しかしこの名前は単体で使う分にはよいのですが、CloudFormationで使うときはエラーになります。 以下の様に入力中はASCIIを入れる事が出来るのですが。。。。 確認画面の後、作成する前にチェックが入りエラーになります。     テンプレート入力・確認画面時は、SSHの確認をしていないようです。
後、CloudFormationではASCII文字の記号を使ったSSH鍵名は取り扱いが出来ないようです。
例えば 
#そもそも駄目
<== (@=@)
#記号を外したものであればOK
komuro@office.ver2(NG) => komuro-office-ver2(OK)
  エラー内容によると英数字、"-"、スペース、"_"がCloudFormationのSSH用鍵で使えるみたいです。 SSH鍵は一度作ると名前を変更する事は出来ないので(新しくSSH鍵をインポートする事は可能です)、CloudFormationを使う場合は二度手間にならないように、最初からエラーにならないような鍵名にしましょう!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」無料トライアルはこちらから

CATEGORY :

COMMENT ON FACEBOOK