クラウドビジネスフォーラム2011レポート

この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。
こんにちは。営業部 西尾です。 11月25日にホテルグランドヒル市ヶ谷で行われたクラウドビジネスフォーラム2011に協賛企業として出展。 代表の大石が講演いたしました。 アイレット(クラウドパック)さんと共に。 今回のフォーラムは経営層を対象としたもので内容としてはクラウドの基礎や、各クラウドの概要が中心でしたが、 普段AWS以外のクラウド事情を直接聞く機会が少ないので出展企業ながら勉強させていただきました。 持ち回りで展示員を行っており全てを聞く事は出来なかったのが残念ですが、一部紹介させていただきます。 はじめに日本Androidの会会長の丸山さんがITのコンシューマ化とそのインパクトと題し 70年代半ばに出てきたハードウェア、90年代に登場したネットワーク、 そして現在のクラウドとクラウドデバイスの登場でITビジネスがどう変わってきたかを話されました。 「元来、ITハードウェアメーカーと、サービス提供ベンダーというのは分かれていたが、 昨今ではAppleはiCloudを。AmazonはKindleをと、領域を超えたビジネスがトレンドになってきている。 Facebook Phoneも出てくるのでは?」との事でした。 確かにAppleもiPhone以前にRokrというiTunes携帯をMotorolaから発売しましたが 売れ行きはよくありませんでした。 FacebookはHTCと組んで、ChaChaやsalsaといったFacebook連動スマートフォンを発売していますが、 販売台数を見ても成功とは言いがたいようで、 ソフトとハード両面から深くかかわらないとビジネスは成功しない時代になってきたようです。 続いて日本マイクロソフトの砂金さんは クラウド全体のお話とWindows Azureを中心としたマイクロソフトの取り組みについて公演されました。 …残念ながらクラウディアさんは連れてきてくれませんでした。 概要を聞いてAWSにアドバンテージがあるかと思ったのは

・東京リージョンがある。(富士通がAzure OEMを使えば日本のDC利用可) ・Windows以外のOSが選べる Azureが良いと感じたのは

< p style="padding-left: 30px;">・日本マイクロソフトとの契約になるので日本の法律が準拠法となる。(AWSはアメリカ) ・包括契約に含まれるので年次払い可能。さらにボリュームディスカウントが効く ・日本円請求かつ請求書が出せる(AWSもサーバーワークスやアイレット社の課金代行を使えば可) 特に包括契約しているユーザーはAzureに魅力を感じるだろうなと思いました。 アイレット(クラウドパック)からは鈴木さんが公演されました。 我々と近いビジネスをされているクラウドパックさんですが、冒頭のAWSの概要を聞き、 改めて同じ機能でも会社によって見せ方や説明の切り口が違うなと思いました。 また、プライバシーマークに続き、ISMS取得に向け動かれているとの事です。うちも頑張らないとな…。 続いて弊社代表大石の公演です。 会場によっては 登場時点で笑いと拍手が起こるのですが、残念ながら空気はアウェー。 アイレットさんがAWS概要を説明すると踏んだのか、 Amazonクラウドが会社経営にもたらす3つのメリットと題し"コスト"、"スピード"、"災害対策"をテーマに 事例を交えて紹介しました。 序盤から大石蔵人之助、そして伝家の宝刀 切腹ネタを入れてきましたが、 残念ながら経営層には浸透していなかったようで 危ない人なんじゃないか?という物々しい雰囲気が数秒漂いました。 ほとんどの企業はお金を銀行に預ける。会社の金庫に入れておくより安心出来るから。 それなのにデータとなると社内に留めておこうとする。 一方で実際情報漏えいの80%強は社内からという事実と、 大手クラウド4社で過去に漏洩事件は1件も無い事実。 セキュリティを高めるために銀行にお金を預ける事と同様に システムもクラウドに預けた方がセキュリティレベルがあがるという事を強く訴えました。 皆さんご納得いただけたようで、なんとか今日も代表は自害せずにすみました。 さて、今回のセッションで大石含め多くの発表者がクラウドの利便性、安全性を訴えてましたが、 最近その認識も広がってきているのか徐々にお問い合わせいただく機会も増えてきました。 また、「AWSを、日本語で、安全に」がコンセプトのAmazon EC2管理コンソールCloudworksも ありがたい事に1000ユーザー5000サーバーの実績が出来、最近では 社名よりこっちの方が目立っているのか新規のお客さんと打ち合わせしてると 「いやー、クラウドワークスさんは~」と社名と間違えられどこで訂正しようか悩みます。 現在無償提供しているCloudworks Community Editionに追加で 大幅に機能拡張したEditionのリリースを近日予定している事もあり、 せっかくなのでもっとマスコットキャラクター高木さんを押したいです。 Azureのクラウディアさんのように、現実化させたいなぁ…。 と思ったらすでに存在してました!(社員旅行ブログ参照)

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」無料トライアルはこちらから

COMMENT ON FACEBOOK