[JAWS DAYS 2018] 実行委員長の参加レポート

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

2018/03/11(Sat)は、天気も良くて、過ごしやすい1日でしたね。
技術3課の森です。
今回は、JAWS DAYS 2018の実行委員長二人のうちの一人として参加しましたので、そのレポートを。

規模

前日まで天気が悪くてどうなることかとビクビクしてましたが、当日は本当にキレイに晴れてよかったです。
今回、どれだけの人や企業サポーター様やスピーカー、スタッフが関わっていただけたかというと

去年を上回る数で驚きと感謝でしかない結果になりました❗
来て頂いた方々には感謝しかないです。
裏話的なことを言うと一週間前までは当日雨予報で日が近づくと晴れになってきて、当日は晴天
嬉しさしかこみ上げなかった上、当日だけでも150名程度の申込みをしていただきました
これだけの方が、集まっていただけただけで、ムネアツです。

コンテンツ/企画

どういった内容のコンテンツや企画があったかというとざっとこんな感じです。

コンテンツ 内容
セッション Serverless
IoT
Security
AI
Alexa
X-Tech
海外ゲスト
企画 国際交流ブース
コミュニティブース
BookCafe
Ask The SA
ハッピーアワー

どこもかなりいい情報を提供できたと思っております。

今回のセッション系のコンテンツはオーナーさんを設けて、公募から選んで頂いたり、オーナーさんが登壇者を探していただいたりして、
お仕事されてる大変ななか、選んで頂けて本当にありがたいなという思いがいっぱいでした
企画系についても海外からのゲストが来られることから、国際交流ができるブースを設けたり、登壇者などからの情報を集めて、オススメの本を紹介できるブックカフェ、
ちょっと早めに、参加者同士やいろんな方と交流を持っていただくために、少しだけでもお酒を出させていただいたハッピーアワーなど、盛りだくさんな企画を作ってみました。

初めてやることが多くて、セッションや企画系だけではなく、受付やお弁当配布、各ブースなどに担当を割り当てさせていただいて、
貴重なお時間を使って休日や夜遅くとかからウェブ会議でやり方や方針などを決めて、みんなで作り上げていく感じができてよかったと思います

この勢いをこのまま、通常のJAWS-UGのイベントとしても開催していければ嬉しいなと思います。

最後に

今回は運営の中心となって参加したのですが、サポーターの方々、参加して頂いた方々、セッションや企画をまとめて頂いた方々、登壇や当日スタッフをして頂いた方々には本当に感謝しかないです。
これからもいいアウトプットをしていけるように精進していきます!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」