たのしいLinux

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは、技術1課の千葉です。

新人の頃の上司に勧められて、はじめて読んだUNIX系の書籍が  たのしいUNIX―UNIXへの招待 でした。
はじめは難しくて全然たのしくなかったのですが、進むにつれて『コマンドだけで何でもできる』ってことが新鮮で、本当に “たのしいUNIX”体験 だったことを憶えています。 (いまでも『vi だいすき』です)

さて、新人だったわたしも、気が付けば新人に何かを教えなければならない立場になってしまいました。
あの頃『コマンドだけで何でもできる』ってことを理解した時の驚きは、はじめて AWS に触れたときくらいの衝撃でした。

ってわけで、この記事では UNIX に代わり Linux を “たのしい” と思っていただける為に、ステキなコマンド等を紹介したいと思います。

これから Linux にチャレンジされる方、ちょっと Linux はニガテだよって方が、新人の頃のわたしのように “Linuxってたのしい” と感じて頂けたら嬉しいです。

弊社は Amazon Web Services 専業の会社ですので、ここでは Amazon Linux をベースに紹介させて頂きます。

SLをみておちつこう

lsコマンドとは、ファイル・ディレクトリの情報を表示する為の標準コマンドです。
Linux 環境で、最も多く利用するコマンドかもしれません。

一方で、とても似ているslコマンドは、名前のとおり SL(蒸気機関車) を走らせる為の標準ではないコマンドとなります。
トラブル対応で心が焦ってしまって、ミスタイプをして2次災害を起こしたことはありませんか?
$ rm /tmp/foo.txt を間違えて $ sudo rm -rf /bin/* を実行してしまったら目もあてられません。
こんな事故が起きる前に $ sl とミスタイプすることで『SL が走っているのを見て心をおちつかせるんだぞ!』って感じに操作を止めてくれます。(SLが走りきるまで他の操作は全く受け付けてくれません)

$ sudo yum install -y sl でインストールができます。操作イメージは↓こんな感じです。

実際にトラブル対応中に $ sl を実行してしまってキーボードを叩き割りたくなる。ってケースがありますので、導入の際はチームメンバーと深くディスカッションをされた方が良いと思います。

このようなコマンドは、ジョークコマンド なんて言われており、映画マトリックスの有名なシーンを模したもの 牛がしゃべる 等々、イカしたものがあるのでググってみてください。

テキスト型 Web ブラウザ

Lynx をはじめとした、優れたCLI型の Web ブラウザを利用することができます。
さすがに画像 / 動画といったバイナリデータの利用はお勧めできませんが、ニュースやブログを読む程度であれば十分ですね。
↓このキャプチャでは『Amazon Rekognitionを使って「ベストショット分類」機能をつくる!(第1回)』を Lynx で表示をしたイメージです。
画像解析の記事だと、言いたいことは分かるのですが肝心の画像が見れないので全然ダメですね。
こういった記事は Firefox 等の、まっとうな Web ブラウザで閲覧してください。

他人のディスプレイを覗き見するようなゲスい上司がいて、息抜きもできない過酷な環境下で何とかして高校野球の結果を確認したい。といったケースには効果的かもしれません。(わたしは使ってません

$ sudo yum install -y lynx でインストールができます。

Twitter クライアント

GitHub: orakaro/rainbowstream をつかえば、TwitterもCLIでつかえちゃいます。

このキャプチャでは、ハッシュタグ #serverworks がついたツイートをストリーム表示しています。
$ sudo pip install rainbowstream でインストールができます。

もちろん、ストリーム表示だけではなく、つぶやく / ダイレクトメッセージ等の基本的な機能はすべて利用できます。
$ rainbowstream で起動した後に h をタイプして return (enter) を実行することでヘルプを表示できます。

まとめ

Linux で利用できるジョークコマンド / テキスト型 Web ブラウザ / Twitter クライアントをご紹介してきました。
“『コマンドだけで何でもできる』” ってのを感じてください。

いや〜、Linux って本当にいいものですね!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」