時間よ、戻れ!昔のMicrosoft製品が必要になった場合

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」
この記事は1年以上前に書かれたものです。
内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

福岡人はラーメン以外にもうどんを食べる事を知って軽くショックを受けている小室です。

先日古いMS製品を手に入れる必要があったので、ツイッターで助けを求めたら知り合いが教えてくれましたので、共有したいと思います。

AWS導入支援サービスをやっていると、昔のバージョンからAWSに移行するタイミングでアップグレードをしたい、というお客様がいらっしゃいます。
もちろん当社にはMS製品のプロがいますので、移行についてや仕様について回答出来るのですが、全ての製品の全てのバージョンを知り尽くしている訳ではないのも事実としてあります。

そのようなお客様向けに、移行テストをさせて頂く事もあるのですが、その際に問題になるのが古いバージョンのソフトウェアをどうやって入手するか?です。

多分MS製品をよくお使いの方はご存知かと思いますが、TechNet サブスクリプションで解決する事が出来ます。

こちらをサブスクリプション(購読)すると、12ヶ月MSの昔の製品を評価する事が出来ます。

一番安いTechNet Standardは2万3千円なので(料金体系)、会社などで購入して検証等で利用するとよさそうですね。

評価可能な製品一覧をExcelでダウンロード出来るのですが、これを見るとマイクロソフトは色々な製品を出しているのだなぁと思いました。

昔のバージョンが必要な際に、参考になりましたら幸いです。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」