IAM関連の(上限)数字を一覧にしてみた

記事タイトルとURLをコピーする

最近トランポリンにハマっている小室です。

本日はIAM関連を使って行く上で出てくる数字に関して記載します。
※見つけたら追記する予定です。
※間違っていたらすいません、@ayakomuro に教えてください。
※情報は 2014/3/11時点のものです。

前提条件

  • 1 AWSアカウント
  • 数字は最大数(最小の場合はその旨コメントに追記)
  • 文字数の場合は空白は含まれないとの事

共通

上限緩和可否 リソース ディフォルト上限数 コメント
有効MFAディバイス登録数
(ルートアカウントレベル)
1個  
バーチャルMFAディバイス登録数 上記と同じ  
サーバ証明書数(SSL) 20個  
AWSアカウントエイリアス数 1個  
x ユニークID登録文字数(ユーザー、グループ、ロール、サーバ証明書に適応可能) 32文字  
x ポリシー名登録文字数 128文字  
x 署名ID登録文字数 128文字  
x ログインプロファイルパスワード登録文字数 1 ~ 128文字  
x AWSアカウントエイリアス登録文字数 3 ~ 63文字  
x パス登録文字数 512文字  
- ユーザー、グループ、ロール毎の登録ポリシー数 (個々の登録文字数を超えなければ)
制限無し
 

Users関連

上限緩和可否 リソース ディフォルト上限数 コメント
ユーザー数 5000  
1ユーザーが参加出来るグループ数 10個  
アクセスキーの数 2個  
サインイン証明書数(X.509証明書) 2個  
有効MFAディバイス登録数 1個  
ログインプロファイル数 1個  
x ユーザー名の登録文字数 64文字  
x ユーザー用ポリシーサイズ 2,048文字  
       

Group関連

上限緩和可否 リソース ディフォルト上限数 コメント
グループ数 100個  
x グループ名の登録文字数 128文字  
x グループ用ポリシーサイズ 5,120文字  

Roles関連

上限緩和可否 リソース ディフォルト上限数 コメント
ロール数 250個  
インスタンスプロファイル数 100個  
1ロール毎のインスタンスプロファイル数 1個  
x ロール名の登録文字数 64文字  
x インスタンスプロファイル名の登録文字数 128文字  
x ロール用ポリシーサイズ 10,240文字  

Identity Providers関連

上限緩和可否 リソース ディフォルト上限数 コメント
SAMLプロバイダー数 100個  
1SAMLプロバイダー毎のアイデンティティプロバイダー(IdPs)数 10個  
SAMLプロバイダー毎のキー数 10個  

 

参考記事

 

次回こそはVPCの数について書きたいと思います!(希望)