AWS EC2

AWS Compute Optimizer で分析期間を有償で3ヶ月に延長する新機能などの機能強化アップデート

営業部 佐竹です。 本日は AWS Compute Optimizer の最新アップデートについて3つご紹介します。特に「EC2 インスタンスの分析期間を3か月間に拡大する機能」が有償で可能となった点について詳しく記載します。

EC2 メンテナンスイベントの実行時間帯を定義する「イベントウィンドウ」を活用する

営業部 佐竹です。本日は、少し前にリリースされた「Amazon EC2 メンテナンスイベントの実行時間を特定の時間枠だけに閉じ込めてしまえる機能」について解説します。これは RDS のメンテナンスウィンドウのように「予め定められた時間帯にだけインスタンスの…

C6i インスタンス と DL1 インスタンスがリリースされました

営業部 佐竹です。 本日は恒例の「東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新ブログとなります。本ブログの最新情報については上記リンクより最新記事をご参照ください。 はじめに C6i インスタンス DL1 イン…

Amazon Data Lifecycle Manager でクロスアカウントのスナップショットコピーを設定

Amazon Data Lifecycle Manager (以下、DLM)を使って、EC2インスタンスのクロスアカウントスナップショットコピーをしてみました。 目的 要件 設定手順 コピー元アカウントの設定 コピー先アカウントの設定 まとめ 目的 セキュリティ侵害やうっかりミスで…

EC2 インスタンス で Windows Server 2022 の壁紙を使いたい

営業部 佐竹です。本日は Windows Server 2022 の新しい壁紙を、EC2 インスタンスの情報が埋め込まれた壁紙として使えるようにする設定方法について記載いたします。

AWS Systems Manager ハイブリッドアクティベーション で外部アカウントに管理されていたEC2インスタンスの管理を、自アカウントの管理に戻す

AWS Systems Manager は、ハイブリッドアクティベーションという方法で、他のAWSアカウントのEC2インスタンスも管理対象にできます。 blog.serverworks.co.jp しかし、なんらかの理由で「やっぱり元のアカウントに管理を戻したい」となることもあります。 以…

Route 53 Resolver を利用し Amazon Provided DNS に MSAD を名前解決させる

営業部 佐竹です。 本日は、Route 53 Resolver の Outbound Endpoint を利用し、Amazon Provided DNS に AWS Managed Microsoft AD (MSAD) を名前解決させる方法を紹介いたします。

AWS Managed Microsoft AD へ EC2 インスタンス構築時にシームレスに参加する

営業部 佐竹です。今回は、AWS Managed Microsoft AD(MSAD) へ EC2 インスタンス構築時にシームレスに参加させる方法を実際に検証してみました。

東京リージョンで構築可能な SQL Server ライセンス込み AMI の一覧

営業部 佐竹です。Amazon EC2 にて、Microsoft SQL Server on Windows Server 2022 AMI のリリースがアナウンスされました。そんな本日は、業務の都合で SQL Server on EC2 の構築可能一覧が必要になったため、その一覧をブログに記載します。

EC2から外部FTPサーバーへパッシブモードで通信したいときのポート設定

CI部の古川(智)です。最近は赤い食べ物(トマト系か辛い系)にハマっています。 EC2からNATゲートウェイを経由してFTPサーバーへパッシブモードで通信させようとした際、セキュリティグループやNACLの設定で頭がごちゃついたので「こうすればOKだよ~」と…

【初心者向け】簡単なAWS環境を構築してEC2インスタンスにアクセスしよう

こんにちは。SRE2課の榊原です。 本記事はAWSの経験が無い方向けに、簡単なAWSシステム構成の練習をしましょう!という内容になっています。AWSのアカウントを持っていることが前提なので、お持ちでない方はこちらの記事を参考にアカウント開設を行ってくだ…

【小ネタ】パブリックIPアドレスをEC2内部から確認する方法

こんにちは! サーバーワークスの松井です。 今回は、EC2の内部からパブリックIPアドレスを見る方法を紹介します。 パブリックIPアドレスがついているEC2(Linux)内部からifconfigを実行した際にEC2のネットワークインターフェースに紐付いているIPアドレスは…

SSM を活用し m5 から m6i へ Windows Server 2019 のインスタンスタイプを変更する

CI部佐竹です。 本日は東京リージョンで利用可能となった m6i インスタンスへとインスタンスタイプを変更する作業を実際に検証してみました。第6世代の利用には ENA のドライバーバージョンが v3 以上の必要があるという制限から、SSM Automation ドキュメン…

M6i インスタンスが東京リージョンで利用可能になりました

CI部 佐竹です。 本日は恒例の「東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新ブログとなります。本ブログの最新情報については上記リンクより最新記事をご参照ください。 はじめに 結果(アベイラビリティーゾー…

M6i インスタンス 登場、M5 より価格あたり15%の性能向上でお値段据え置き

CI部 佐竹です。 本日は恒例の「東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新ブログとなります。本ブログの最新情報については上記リンクより最新記事をご参照ください。 はじめに M6i インスタンス発表 M6i の…

Systems Managerで他アカウントのEC2インスタンスを管理する

「そのAWSアカウントの管理は私の担当では無いんですけど、そこにあるEC2インスタンス1台だけは運用保守しなくちゃいけないんです。」 AWS Systems Managerなら可能です! ハイブリッドアクティベーションを利用しましょう。 Systems Manager は、通常はAWS…

EC2インスタンス(RHEL)構築時にUserdataでSSM Agentをインストールしてみた

はじめに 全体像 部分解説 インストールコマンド RHEL 7.xの場合 RHEL 8.xの場合 Agentの有効化 さいごに はじめに SRE2課の篠﨑です。 今回はEC2インスタンス作成の際に使うUserdataでSSM Agentを入れる方法について書いていこうと思います。 Amazon Linux…

EC2 のメンテナンスイベント通知メールにタグを含める方法

CI部 佐竹です。 本日は EC2 インスタンスのメンテナンス(イベント)通知に関するちょっとしたオプション「イベント通知メールにタグを含める」について記載します。通知メールにタグが付与されることで調査の手間が削減されます。是非とも EC2 インスタン…

EC2 インスタンスの再起動メンテナンスがスケジュールされたら確認すべきポイント

CI部 佐竹です。 運用していたら通る道、EC2 インスタンスのメンテナンススケジュール。今日はこれについて少し記載してみます。 はじめに EC2 の Events から確認する PHD から確認する メンテナンス通知を Slack へ連携する イベントの種類と対応方法 inst…

Amazon Linux 2 のデスクトップであそぼう

こんにちは、アプリケーションサービス部の千葉です。 新卒採用でウチに来てくれたメンバーのことを、 クラウドファースト世代 なんて呼んでいます。(かっこいいですね) 物理的なハードウェアに Linux をインストールしてサービスの実行環境を構築。なんて…

Windows Server の起動時にディスクがオフラインになる事象への対応

CI部 佐竹です。 本日は、Windows Server の EBS ボリュームデタッチ時に忘れられやすいオフラインとなったデバイスロケーションの削除方法について記載しました。これを徹底することで、Windows Server 起動時に意図せずディスクがオフラインになってしまう…

2021/5/12版 東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表

CI部 佐竹です。 D3 と G4ad が東京リージョンでも利用可能となりました。本ブログ記事は恒例の「東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新ブログとなります。

pyenv global が効かなくなった(?)話

結論 pyenv global しても何も起きないときはこの警告がないか確認すべし( exec -l $SHELL とか実行する)。 WARNING: `pyenv init -` no longer sets PATH. Run `pyenv init` to see the necessary changes to make to your configuration. 出ていたら、以…

【boto3】EC2インスタンスの情報を取得する

SRE1課の古川(と)です。 「EC2インスタンス(以下、EC2)の情報をスマートに得たい。」という思いから自動化を目指して試行錯誤しています。 はじめに 実行環境 インスタンスのID・タイプ・状態を取得する EC2のすべてのタグ情報を取得する 特定のタグの値を取…

SSM を利用して Windows Server 2012 R2 を Windows Server 2019 へ in-place upgrade する

CI部 佐竹です。 本日は Systems Manager (SSM) の Automation を活用して Windows Server 2012 R2 を Windows Server 2019 へアップグレードする方法をご紹介します。既存の 2012R2 をインプレースアップグレードされたいような場合にご参考ください。

Amazon EBSのgp2・gp3の比較をもっと簡単に知りたい

こんにちは。クラウドインテグレーション部の竹本です。 前回のre:Inventで発表されたAmazon EBSのgp3ボリュームを ご提案する・採用いただく事例がかなり増えてきたように感じます。 gp3について既に昨年時点で弊社 @satakeの素晴らしい記事がありますが よ…

大阪リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表[2021/03/03]

CI部 佐竹です。 こちらの記事は以前2019年4月10日に投稿させて頂きました記事「[EC2]東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の大阪リージョン版となります。 はじめに 結果(アベイラビリティーゾーン別一覧表 …

旧世代インスタンスでも gp3 EBS ボリュームが利用可能になりました

SRE部 佐竹です。 本日は地味に嬉しい修正を確認できましたので共有します。 はじめに 2月23日に検証を実施 AWS に確認を実施 まとめ はじめに blog.serverworks.co.jp 上記ブログでご紹介した通り、EBS ボリュームを gp2 から gp3 に変更することでコストが…

Windowsのrobocopyコマンドを使ってデータ移行してみた

技術2課の山﨑です。今回はWindowsのrobocopyコマンドを使ってデータ移行してみました! robocopyコマンドについては私とは別の山﨑のブログを御覧ください blog.serverworks.co.jp 移行イメージ 今回はオンプレミス環境にあるファイルサーバーからAWS上にあ…

EBS ボリューム st1, sc1 の最低作成可能容量が 500 GiBから 125 GiBに減少しました

SRE部 佐竹です。 re:Invent2020 から、取りこぼしていました重要なアップデートについて記載します。EC2 インスタンスにアタッチして利用する EBS のボリュームタイプ st1, sc1 の最低作成可能容量が 500 GiBから 125 GiBに減少しました。

re:Invent 2020 で発表された EC2 インスタンスタイプまとめ

SRE部 佐竹です。 今回は re:Invent2020 から、EC2 インスタンス発表のアップデートをサマリーして既存の一覧表に加える「re:invent特別版」な更新ブログをご提供する、EC2 インスタンスタイプまとめです。リリースされた6つのインスタンスファミリーのうち…

AWS EC2 オンデマンドキャパシティー予約を詳しく知る

SRE部 佐竹です。 今回は EC2 の機能の1つである「オンデマンドキャパシティー予約」について詳しく説明します。本ブログ内では、あわせて利用料金についても触れました。 本ブログがオンデマンドキャパシティー予約について詳しく知りたい方の助力となれば…

EC2 の Settings で EBS 暗号化 や Unlimited モードのデフォルト値を変更する

SRE部 佐竹です。 今回は、EC2 のダッシュボードにある Settings の4つの設定について解説します。特に「EBS 暗号化」と「デフォルトのクレジット仕様」の2つの項目は運用において重要な項目になると考えられますので、一度見直しをされてはいかがでしょうか…

AWS Compute Optimizer が Amazon EBS ボリュームの推奨に対応しました

SRE部 佐竹です。 本日も現在開催中の re:Invent2020 から、AWS Compute Optimizer のアップデートについて記載します。機能追加として AWS Compute Optimizer が Amazon EBS ボリュームの推奨に対応したというアナウンスがありました。実際にマネジメントコ…

Amazon EBS ボリュームを gp2 から gp3 へ切り替えコストを削減する

SRE部 佐竹です。 本日は現在開催中の re:Invent2020 から、Amazon Elastic Block Store (EBS) の gp3 についてコスト比較結果を記載します。結果として、gp3 へ切り替えることで簡単にコスト削減ができそうなことがわかりました。

AWS上でMacOSをEC2インスタンスで使える日が来た!!

こんにちは!! 技術3課の齋藤 英樹です。 今年のAWS re:Inventはオンライン開催となりますが、いきなりビックリさせられました。 EC2に新たな選択肢が増えた!! AWS Late Night Week 1 を視聴していたら、なんとEC2でMac Instanceなるものが発表されました!! A…

【EC2】Windows 同サイズの複数ドライブにそれぞれ紐づくEBSを確認

エンジョイ AWS! サーバーワークス エンジニアの伊藤Kです。 今日の題材は「EBS」です。 皆さま、EBSといって思い浮かぶのは何でしょうか? 私は、恵比寿です。 神様か地名かビール名かは定かではありません。 Windowsで、同サイズの複数ドライブにそれぞれ…

東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表[2020/10/14]

SRE部 佐竹です。 こちらの記事は以前2019年4月10日に投稿させて頂きました記事「[EC2]東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新版となります。本ブログの最新情報については上記リンクより最新記事をご参照…

AWSでRHEL6からRHEL7へアップデートはできるのか?

こんにちは佐藤です。 書きためたブログを一気に放出しています。 今回はRed Hat Enterprise Linux (RHEL)のバージョン6からバージョン7へアップデートできるのか?について確認しました。 さっそく結論 AWS公式ドキュメント上には現時点で言及した記事は…

JVMをCloudWatchでモニタリングする為にスクリプトを作成しました

こんにちは、SWX3人目の熊谷(悠)です。 ZabbixやDatadogを入れるほどではないけど折角AWS使ってるんだしCloudWatchでグラフを見たい! という事でスクリプトを作りました。 環境情報 まず、スクリプトからCloudWatchへ書き込みを行うために、EC2に割り当て…

CloudWatchでリモートディスクをモニタリングする

こんにちは、SWX3人目の熊谷(悠)です。 CloudWatchモニタリングスクリプトを使用すると、収集したディスクスペースの使用状況がAWSコンソールの「CloudWatch > メトリクス > すべてのメトリクス > Linux システム > Filesystem, InstanceId, MountPath」に…

CloudFormationで起動テンプレートを使用する際に注意すること

こんにちは、SWX3人目の熊谷(悠)です。 以下のような事象が発生しましたので、回避策を残しておきます。 事象 CloudFormation(以下CFn)を用いて、起動テンプレートからEC2 インスタンス(以下EC2)を作成する際に、起動テンプレートの設定で上書きされま…

EBS で新しいボリュームタイプ io2 が利用可能になりました

SRE2課 佐竹です。 本日はちょっとした EBS Volume に関するアップデートのお知らせです。 今回のブログでは io2 というEBS ボリュームタイプの登場及び、既に東京リージョンで利用が可能となっている事をお知らせします。これにより、現在 EBS Volume のタ…

EC2 のインスタンスタイプの表記について

SRE部佐竹です。 最近、呪文みたいになってきた EC2 の Instance Type の表記について見分け方を解説します。 はじめに インスタンスタイプの構成要素 インスタンスファミリー インスタンスの世代 追加情報 関連ブログ インスタンスサイズ まとめ はじめに …

東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表[2020/8/13]

SRE部 佐竹です。 こちらの記事は以前2019年4月10日に投稿させて頂きました記事「[EC2]東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新版となります。 はじめに 結果(アベイラビリティーゾーン別一覧表) 前回から…

ECS(EC2)のインスタンスタイプ変更は要注意

こんにちは。SRE2課福島です。 家の掃除をするのがめんどくさく、先月くらいにブラーバジェットという 床拭きロボットを買ったのですが、今は、ブラーバジェットに付ける クリーニングパッドを付けるのが、めんどくさくなっています。 さて今回は、ECSクラス…

Amazon Linux 2 用カーネルライブパッチの一般提供が開始しました!

こんにちは、技術1課の小倉です。 2020/6/29にアップデートがあり、Amazon Linux 2 用カーネルライブパッチの一般提供が開始しました! Amazon Linux 2 用カーネルライブパッチの一般提供が開始 EC2でサーバを起動させている場合、今まではパッチ適用などの…

東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表[2020/6/24]

SRE部 佐竹です。 こちらの記事は以前2019年4月10日に投稿させて頂きました記事「[EC2]東京リージョンで構築可能なインスタンスタイプのアベイラビリティーゾーン別一覧表」の更新版となります。 はじめに 結果(アベイラビリティーゾーン別一覧表) 前回から…

EC2 Instance Savings Plan の割引率向上に伴い購入プランを再検討してみました

SRE部 佐竹です。 今日も Savings Plan のお話です。 はじめに 結論 今回のUpdateの内容 実際の利用料と割引率をSavings Planで確認してみる 割引率について 1年 での比較(利用料) 1年 での比較(割引率) 3年 での比較(利用料) 3年 での比較(割引率) …

EC2インスタンスの3つの死活監視

EC2インスタンスの監視について改めて考えてみました。 死活監視だけでも、「状態」 「ステータス」 「リタイア」 の3種類が必要な気がします。 「状態」と「ステータス」は同じような言葉なので紛らわしいのですが、この画像の通りのものです。 「リタイア…