S3( 2 )

Tagged
異なる AWS アカウントの S3 バケットに Lambda からエンドポイント経由でアクセスする
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 技術 1 課の山中です。 今日、屋上で作業をしようとおもって上がったら、小雨が降っていてすぐに断念しました。 というわけで、本日は異なるアカウントの S3 バケットに対して VPC エンドポイント経由でアクセスしてみたいとおもいます...
Windowsのフォルダとs3バケットを定期的に同期させる
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 今回はWindowsのフォルダにあるファイルを定期的にs3バケットに同期させる方法について書きます。ベタな内容とは思いますが、日頃はMacやLinuxな方には新鮮な内容かもしれません。 前提とする環境 ・s3バケットは作成済み・Wi...
運用手順書の運用をカイゼンする – Excel方眼紙は卒業できるのか –
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 こんにちは。マネージドサービス課の橋本です。 近年の将棋界は話題豊富で素晴らしいですね。最近のトピックだと 藤井聡太「六段」が誕生 藤田綾女流二段が入籍 名人戦、史上初の6人プレーオフ このあたりが話題を呼びました。 藤田綾女流二段...
AWS CLIのS3へのファイル転送コマンドとオプションのポイント
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 技術四課の鎌田(裕)です。 S3へのログファイルの転送に、AWS CLIやをお使いになることを検討される方は多いことでしょう。 aws s3 cpのコマンドでファイルをS3にコピーは出来る訳ですが、Linuxのcpコマンドを同じ感覚...
CloudTrail が自動有効化されるようになったのに合わせて、設定方法を改めて眺めてみる
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 技術2課の寺田です。 今週は松本と東京を行ったり来たりの1週間です。 松本から新幹線?といつも聞かれるのですが、 新幹線の駅までは遠いので、特急あずさでいつも3時間弱かけて東京まで出ています。 CloudTrailが自動的に有効化さ...
Amazon Rekognitionを使って「ベストショット分類」機能をつくる!(第2回)
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。  こんにちは。最近日経Linuxの人工知能特集でRekognitionの記事を執筆しました。こけし部 部長の坂本(@t_sakam)です。    記事では、実際にRekognitionをどのように利用するかまでは触れられなかったので...
Amazon Rekognitionを使って「ベストショット分類」機能をつくる!(第1回)
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。  こんにちは。最近日経Linuxの人工知能特集でRekognitionの記事を執筆しました。こけし部 部長の坂本(@t_sakam)です。    記事では、実際にRekognitionをどのように利用するかまでは触れられませんでした...
S3にて Pre-Signed URLを発行する
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 こんにちは。高橋@技術4課です。 小ネタです。S3にて Pre-Signed URL(署名付きURL)発行する方法をご紹介します。Pre-Signed URLを利用することで、普段は公開していないS3のファイルを、一定期間だけ公開す...
S3にアップロードできる文字数(1,024バイト)制限
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 S3はファイルの格納庫としても使え、静的Webホスティングもできる汎用性のあるサービスですが、S3にアップロード可能なオブジェクトは、いくつかの制限があります。 オブジェクトキーとメタデータ – Amazon Simpl...
VMImport時に必見!VMイメージをS3へ分割アップロード
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 春らしくなるかと思いきや、まだまだ肌寒い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 技術4課の酒井です。 VM Importを利用する時イメージファイルが大きくなってしまいアップロード時に利用されている回線を圧迫し他の...
AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」