クラウドコンピューティング

Tagged
Vuls と AWS Inspector のご紹介
こんにちは、MS部の高橋(大)です。 みなさん Vuls と AWS Inspector はご存知でしょうか。 ともに脆弱性検知ツールです。Vuls はフューチャー株式会社が提供しているオープンソース(SaaS版 FutureVulsあり。後述)でして、AWS Inspectorは AWSより提供がされています。 本記...
Amazon SageMaker(というかJupyter Notebook)からRescaleを操作する
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 コンピュータの演算性能向上と低価格化により、流体解析や構造解析などCAEのシミュレーションを複数の条件で同時に実行できるようになりました。その結果、CAEから得られた大量のシミュレーション結果を、機械学習の教師データとして利用するこ...
【Cloud Automator Advent Calendar 2017】エンタープライズ企業がCloud Automatorを使うべき理由
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 この記事は「Cloud Automator Advent Calendar 2017」の12/19日分のエントリーです。※Cloud Automatorとはサーバーワークスがサービス提供している「AWSの運⽤を自動化し、 クラウド利...
CloudTrail が自動有効化されるようになったのに合わせて、設定方法を改めて眺めてみる
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 技術2課の寺田です。 今週は松本と東京を行ったり来たりの1週間です。 松本から新幹線?といつも聞かれるのですが、 新幹線の駅までは遠いので、特急あずさでいつも3時間弱かけて東京まで出ています。 CloudTrailが自動的に有効化さ...
Ansible Towerによる運用管理の自動化 (導入編)
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 MSP課の平(@mana_cat )です。夏休み企画第三弾のエントリーはAnsible Towerの紹介です。 Red Hat社の製品、Ansible Towerを検証しましたので数回に分けて紹介します。 今回は以下の二点をご紹介し...
Deep Learning AMI で機械学習の参考書のサンプルコードをほぼ完遂する
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 はじめに 技術1課の白鳥です。 「今流行りの機械学習を、実際に動かしながら勉強してみたいけど、実行環境を構築するだけでもきつい」 「せっかく参考書を買ったのに、掲載されているコードが正常に実行できない」 という悩みを持つ人は多いと思...
Simple ADを利用したWorkSpaces構築手順
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 高橋@技術4課です。 以前に「AD Connectorを利用したWorkSpaces構築手順」という記事を書きました。今回は Simple ADを利用したWorkSpaces構築手順を書いていきます。 Simple ADとは? Si...
WorkSpacesの虎の巻〜リビルド編〜
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 こんにちは。高橋@技術4課 です。前回は「AD Connectorを利用したWorkSpaces構築手順」を書きました。今回は WorkSpaces のリビルド(再構築)について書いていきます。 リビルドとは? WorkSpaces...
サーバーレスへの道(3) ~アウトソーシング~
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 前前回の記事「サーバーレスへの道(1) ~DevOpsと人~」前回の記事「サーバーレスへの道(2) ~アーキテクチャとセキュリティ~」に続き、A Cloud Guru の John McKim (@johncmckim) さんがサー...
AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」