運用

Category
RDSを本番環境で停止運用しないほうが良い理由について
CS課佐竹です。 はじめに 今回は「RDSを本番環境で停止運用しないほうが良いですよ」という理由について記載します。つまり、「EC2の様に夜間は停止して、朝に起動して使いたい」というような要件は、RDSでは積極的に推奨されないのが実情です。その3つの理由について、以下で具体的にご説明いたします。 何故、RDSを夜間に停...
Amazon EBSをファイル単位でリストアする方法
こんにちは、マネージドサービス課の小倉です。 2019年3月からこちらの課に所属が変わりました。 今回は、EC2にマウントしているEBSのバックアップ(スナップショット)を取得していることが前提ですが、EBSをファイル単位でリストアする方法をご紹介します。 ファイルをOS内でバックアップを取得せずに致命的な編集をしてし...
CloudWatchのメトリクスをコマンドで取得する
技術4課の鎌田(裕)です。 CloudWatchのメトリクス、マネジメントコンソールで確認される方は多いと思いますが、メトリクスをコマンドラインで取得したいケースもあると思います。 色々な都合でAWS CLIとPowerShellの両方を比較しながら取得したかったのですが、意外と同じデータを取れる情報が並べて書かれてい...
[MSP/AWS運用代行] アラート発生件数の時系列データから、異常傾向にある環境を検出する
[MSP/AWS運用代行] チケットシステムのデータから、異常事態にある案件or環境を検出する こんにちは、マネージドサービス課の橋本です。 先日執筆した[MSP/AWS運用代行] 簡単なデータ集計と可視化を使って運用の改善を考えるの関連記事です。データで運用を改善しようぜ、っていう趣旨のシリーズとして御覧いただけると...
こんにちは。マネージドサービス課の橋本です。所謂「定型運用」の現場に関わっています。 それなりに私自身の知見も溜まってきましたので、より良い現場を形成するためのノウハウ的なことを紹介したいと思います。 この記事では、「定量化」にまつわる取り組みとその成果の話をします。対象読者は似たような定型運用の現場に携わるエンジニア...
[MSP/AWS運用代行] 簡単なデータ集計と可視化を使って運用の改善を考える
こんにちは、マネージドサービス課の橋本です。最近はAthena、QuickSight、Jupyterあたりが仲良しなプロダクトです。 今日のトピックは弊社が展開している「AWS運用代行」というサービスの内側の話です。中の人の一員として、サービス改善のために実施している取り組みの一つを簡単にご紹介したいと思います。
Amazon WorkDocsを無料で利用する運用Tips
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 お久しぶりです。プロフェッショナルサービス課 佐竹です。この時期は猫の毛が抜けまくるので、実家に帰ると猫の毛が服にいっぱいつきますね。うちの猫はブラッシングが嫌いなのもあって、抱き上げると服が毛まみれになります。と、入りで猫の話をし...
Amazon Connect 安心して運用ができるか疑って調べてみた
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 コンタクトセンターが数分でポチッと構築できる。 いやいや、そんなばかな。   通販化粧品の会社で働いていたことがあります。 オペレータが増えたのに席の用意が間に合わない。 キャンペーンをやったら電話回線がいっぱいになってばんばんとり...
fluentdでS3に送信したログをQuickSightで見える化!
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 こんにちは、技術3課の峯です。 前に『【やってみた】ZabbixのアラートをQuickSightで見える化!』という記事を書きましたが、今回もQuickSightを使った記事になります。 今回はfluentdを利用してS3バケットに...
AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」