shiratoriの記事一覧

Amazon SageMaker(というかJupyter Notebook)からRescaleを操作する
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 コンピュータの演算性能向上と低価格化により、流体解析や構造解析などCAEのシミュレーションを複数の条件で同時に実行できるようになりました。その結果、CAEから得られた大量のシミュレーション結果を、機械学習の教師データとして利用するこ...
Running OpenFOAM on AWS with Singularity containers
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 日本語版はこちら Container virtualization is utilized in various systems, and HPC is no exception. For instance, some superc...
HPC特化型コンテナ”Singularity”でOpenFOAMを動かす
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 Click here to read in English. 近年普及が進んでいるコンテナ仮想化技術ですが、HPCの領域においても利用が広がっています。大学のスパコンにDockerが導入される例も出てきていますし、AWS提供のAWS...
AWSでOpenFOAMを始める4つの方法
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 OpenFOAMは、主に流体解析に利用できるオープンソースのソフトウェアです。ライセンスの制限を気にせずに計算環境をスケールできる点や、クラウドのAPIを実行する連携ツールが自由に開発できることから、クラウドとの相性がよいと言えます...
オープンCAEシンポジウム2017に参加して発表した話
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 流体解析や構造解析などのCAEをクラウド上で利用しようとするとき、オープンソースのCAE(オープンCAE)は有効な選択肢になり得ます。ライセンスの上限を気にせずに計算ノードを増やしたり、クラウドのAPIと連携させたツールの開発がしや...
【re:Invent2017】クラウドがもたらすものづくりの未来
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 「インダストリー4.0」や「デジタルツイン」など、「最新のITが製造業に変革をもたらす」というコンセプトが長年提唱されています。 私はre:Invent2017に来ていますが、ここでもそれらの変革が確実に進んでいることを実感できます...
AWS Batchにいろんな条件のOpenFOAMのジョブを投入する
この記事は1年以上前に書かれたものです。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。 Click here to read in English. 先日、EC2インスタンスの料金の秒単位による請求が始まりました。これは、複数の処理をAWS上で同時実行したいユーザにとって朗報と言えます。 これまで、EC2インスタンスの...
AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」