【AWS CDK】AWS のアーキテクトが作成した Contructs が使える AWS Solutions Constructs が出ました!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

こんにちは、技術1課の加藤です。
つい先日のアップデートで AWS Solutions Constructs が発表されました。

AWS CDK の Constructs として提供され、これを使えばAWS のアーキテクトが作成した Well-Architected な構成を簡単に構築できるとのこと。

早速試してみました。

AWS Solutions Constructs

AWS CDK の Constructs というのは、1つ以上のサービスをまとめた最小構成を表す概念です。
例えば S3 + CloudFront で静的ファイルの配信を行う、など、意味のあるまとまりを定義して使い回すことができます。

Constructs | AWS CDK

今回発表された Solutions Constructs はAWS のアーキテクトが監修した AWS CDK の Constructs です。
Well-Architected Framework に則り、AWS のベストプラクティスとなる設定がされた Constructs 集となっており、ユーザーはこれを使うことで非常に簡単にシステム構成を作ることができるようになります。

現時点で 25 の構成が用意されていました。以下に列挙しておきます。

今回作成する環境

今回は AWS Solutions Constructs に用意されている

を用いて、 API Gateway + Lambda の簡単な API を作成していきます。APIを叩くと、

という形で叩いたパス情報とともに Hello と返してくれるよう設定していきましょう。

基本的に以下のドキュメントの手順に沿って作成を進めていきます。
Walkthrough – Part 1 – AWS Solutions Constructs

準備

AWS Solutions Constructs は AWS CDK 1.46.0 以上でサポートされています。
cdk のバージョンを確認して 1.46.0 より小さかった方はアップデートをしておいてください。

npm でアップデートする記事があったので貼っておきます。
AWS CDK CLI のバージョンアップを行う方法 – サーバーワークスエンジニアブログ

ちなみに僕は brew で入れていたので以下コマンドでアップデートしました。

プロジェクト作成

では CDK で管理するプロジェクトを作成します。
言語は TypeScript で進めていきます。

AWS CDK のバージョンを 1.46.0 に指定

package.json にて CDK のバージョンが 1.46.0 以上に指定されていることを確認します。

パッケージをインストールしましょう。

TypeScript のコードをビルドして JavaScript のコードを生成します。
cdk synth してCDK のバージョンが正しく 1.46.0以上を指定していることを確認しておきましょう。

Lambda のコードを書く

では Lambda のコードを書いていきます。
Lambda ディレクトリ を作り hello.js を作りましょう。(今回 Lambda のコードは JavaScript を利用します)

作成した JavaScript ファイルに以下を書き込んでいきます。

AWS CDK と AWS Solutions Constructs をインストール

必要なライブラリをインストールします。
最後にインストールする @aws-solutions-constructs/aws-apigateway-lambda@1.46.0 が今回の肝である Solutions Constructs ですね。

API Gateway / Lambda パターンをスタックに追加

lib/hello-constructs-stack.ts を以下のように編集します。

API Gateway に渡すプロパティを作ったら、あとは ApiGatewayToLambda を new するだけで OK です。簡単すぎる。

何が出来上がるのか確認しておきましょう

長くなるので結果の引用は避けますが、

  • API Gateway
  • Lambda
  • CloudWatch Logs のロググループ
  • 各種権限セット

あたりが作成されることがわかります。

デプロイ

では実際にデプロイしてみましょう。

最後に正しくAPIが動くか確認しましょう。

無事想定通り動いていることが確認できました。

最後に

今回は Solutions Constructs を利用してみました。
コードの行数を大幅に減らし、楽に、かつ良い構成が作れるというのは非常に魅力的ですね。

今回参考にした公式のハンズオンには続きがあるので、よければ挑戦してみてください。
Walkthrough – Part 2 – AWS Solutions Constructs

おまけ

現在、毎日 AWS というラジオ感覚放送を YouTube にて配信しています
その中で今回取り上げた Solutions Constructs について触れていますので、こちらもお聞きください!

https://youtu.be/ijpybo8cOTA

毎日手軽にAWSのアップデート情報がキャッチアップできますよ

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」