Box CLI でフォルダアップロード

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

こんにちは。
友人のハーレーダビッドソンに触発されて、とりあえず大型二輪免許を取得しようとしている設樂です。
バイクって、ベストシーズンが少ない気がするのは私だけでしょうか。それとも日本だけでしょうか。
春=強風&花粉症
夏=暑い
秋=快適
冬=寒い

今回は Box CLI を使って、Box へフォルダアップロード手順を紹介させていただきます。

事前準備

Box CLI のインストール Windows編を実施してください。

  • Box アプリケーションの作成
  • Box CLI のインストール

Box App User の確認

Box App User を確認します。

  1. Box CLI コマンドの入力
    box users:get me
  2. Box App User 情報の確認
    Type: user
    ID: ‘123456789’
    Name: box-app
    Login: AutomationUser_1234567_ABCDEFGHIJ@boxdevedition.com
    Created At: ‘2020-04-20T04:20:00-00:00’
    Modified At: ‘2020-04-20T04:20:00-00:00’
    Language: ja
    Timezone: Asia/Tokyo
    Space Amount: 0
    Space Used: 0
    Max Upload Size: 16106127360
    Status: active
    Job Title: ”
    Phone: ”
    Address: ”
    Avatar URL: ‘https://serverworks.app.box.com/api/avatar/large/123456789’
    Notification Email: []
  3. Box App User の確認
    AutomationUser_1234567_ABCDEFGHIJ@boxdevedition.com

Box フォルダの共有

Box 管理者が Box App User に対してフォルダを共有します。

  1. 共有したいフォルダに移動し、[このフォルダを共有]をクリック
  2. Box App User の招待

フォルダアップロード

Box CLI でローカルフォルダを Box フォルダにアップロードします。
フォルダ内のすべてのファイルのアップロード

  1. Box App User に共有されているフォルダの確認
    box folders:get 0
  2. アップロードしたい共有フォルダ情報の確認
    Type: folder
    ID: ‘111846215691’
    Sequence ID: ‘1’
    ETag: ‘1’
    Name: 月次ディレクトリ数
    Offset: 0
    Limit: 100
    Order:
  3. 共有フォルダIDの確認
    111846215691
  4. 共有フォルダにアップロード
    box folders:upload C:\Users\Administrator\Box --parent-folder=111846215691
  5. アップロード結果の確認

まとめ

上記の方法で Box CLI を使って Box フォルダにアップロードができます。
Box App User 情報の取得と招待が重要な部分だと思っています。
それでは、良き Box Life をお過ごしください。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」