Jetson NanoでAWS IoT Greengrassを使う 環境設定編

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

なんだかんだあってJetson Nano 開発者キットを買いました。

B01版が発売される直前に買ったので、A02版ですわ。

せっかくなのでAWS IoTと絡めて何かしたいと思います。

今回はとりあえずAWS IoT Greengrassの環境設定。

こちらのドキュメントのモジュール1, 2を実施します。

1. AWS IoT Greengrass Core用ユーザー作成

はい、作成します。

2. Java 8ランタイムのインストール

はい、インストールします。

3. 依存チェッカースクリプトの実行

以下を実行して依存チェッカースクリプトを実行し、

ワタシの環境では特にエラーは出ませんでしたが、以下のようにLambdaで利用する言語が足りないと表示されました。使いたいものが足りてないといわれたらインストールしましょう。

4. AWS IoT Greengrassのグループ作成

ここからはAWSマネージメントコンソールでの作業となります。

AWS IoTのコンソールを開き、Greengrassから「グループの作成」をクリック。

今回はグループの設定はデフォルトとします。

いい感じに名前を入力します。

また、いい感じに名前を入力します。

代わりにやってくれるそうです。「作成」をクリック。

証明書をダウンロードして、「完了」。

5. AWS IoT Greengrassの起動

ここからはまたデバイス側での作業です。

4でダウンロードした証明書とAWS IoT Greengrass Core SoftwareをJetson NanoへSCP転送し展開します。

※上記リンクのダウンロードページのAWS IoT Greengrass Core Software v1.10にはUbuntu用のものがありませんが、ワタシの環境ではArch LinuxのものでAWS IoT Greengrass Coreで起動しました。v1.08のUbuntu用を使うのが安全なのか?

展開。

ルート証明書をダウンロード。

ここまでで起動するという情報もありますが、ワタシの環境では起動しませんでした。

configを確認するといろいろ足りてなかったので記載しました。

vimでconfigを編集

内容は以下のようになります。

configを編集すると起動するようになりました。

プロセスがあるか確認。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。ドキュメントにすべて書かれているので簡単です。

次回はLambdaのデプロイもやってみたいと思います。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」