新型コロナウイルスによるリモートワーク加速でどうする電話対応

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

Amazon Connect専任担当をしている丸山です。
新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、新型コロナウイルス対策としての「在宅勤務」の実施が報道されています。
しかし、中の人に聞くと表向きはそうなっているけど実際は…という声も聞こえてきます。
日頃から在宅勤務ができる訓練をしていないといきなり実践はむずかしいのは当たり前だと思います。

弊社でも現在「クラウドワークスタイル」という名前の在宅勤務でのお仕事が推奨されています。
 
もともとサーバーワークスではテレワーク・デイズの期間中は全員在宅勤務で仕事をする訓練をしているため、非常にスムーズな対応となっています。
 
さて、在宅勤務となると困ることのひとつが電話。
わたしたちサーバーワークスは代表電話をクラウド型コンタクトセンターAmazon Connectに移行済みなので、電話もふくめてスムーズな在宅勤務が実行できています。
 
 
とりいそぎお困りの皆さまがAmazon Connectで電話を受けるようにする最低限の方法を共有させていただきます。
 

 

利用手順

  1. AWSアカウントを準備
  2. Amazon Connectで受発信ができる環境を構築
  3. 現在の電話番号の転送先をAmazon Connectへ設定

手順1. AWSアカウントを準備

今すでにAWSアカウントがあればそちらをご利用いただいても構いません。
利用料金を明確にするのであれば既存のアカウントとは別にしておくとよいかもしれません。

手順2. Amazon Connectで受発信ができる環境を構築

最速簡易手順は以下のとおりです。

  1. Amazon Connectインスタンスを構築
  2. Amazon Connectインスタンスを設定
  3. 利用ユーザーを登録
  4. インバウンド用問い合わせフローを作成
  5. 電話番号取得
 
上記はベストな方法ではなくほんとうに最小限の手順となっています。
 
弊社の場合一般的に下記の設定も行います
  • 調査用のログ取得の設定
  • 要件に応じて通話録音の設定
  • 営業時間の分岐設定
  • 対応可能なオペレータ数による分岐設定
  • Default問い合わせフローの最適化

 

手順3. 現在の電話番号の転送先をAmazon Connectへ設定

ボイスワープ等の契約があることが前提となりますが、転送先をAmazon Connectで取得した電話番号に変更すれば変更完了です。

 

利用に必要な機器

ChromeまたはFirefox最新3バージョンが利用できるPCが必要です。
ヘッドセットがあればベストですが、マイク付きイヤホンでも利用は可能です。
インターネット接続も有線がベストですが、WiFi経由でも利用可能です。

利用料金

サーバーワークスオリジナルのAmazon Connect 利用料金試算ツールを公開しています。
DID番号を1つ取得し、インバウンドとアウトバウンドの通話量を入力すると1ヶ月の利用料金が試算できます。

注意事項

アウトバウンドも利用した場合は今回利用した電話番号がお客様の着信履歴に残ります。
通常の対応に切り戻したあとに、転送設定をする等の対応を推奨します。

サーバーワークスのサポート

弊社pieCeをご利用いただいているお客様はAmazon Connect環境の構築を弊社にて承ることが可能です。
お問合せフォームからご相談ください。
AWS導入・システム開発についてのお問い合わせ

クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく
というビジョンのもと弊社では日頃からお仕事をさせていただいています。
電話だけではなくAWSで解決できることはお手伝いしたく考えています。
ぜひお気軽にご相談ください。

おわりに

電話はAmazon Connectの解決できるようになりました。
しかし、郵便や宅配便等の物理的なモノはどうしても解決できません。
残念ながらわたしたちも100%完全在宅勤務になっていません。
完璧ではないけれど、まずは電話をAmazon Connectで解決する選択肢をご検討いただけますと幸いです。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」