WorkSpace の起動中にエラーが発生しました。もう一度試してください。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

こんにちは、技術2課、大阪勤務の全(ちょん)です。
入社後、念願のWorkSpacesを扱う案件に巡り合うことができました。
これから「働きやすい世の中」のためにバシバシ触っていきたいものです。

今回はWorkSpaces(Windowsバンドル)に繋がらなかったときの原因と対処方法についてブログとして作成しました。

トラブル内容

今回発生したエラーは以下の内容となります。

「WorkSpace の起動中にエラーが発生しました。もう一度試してください。」

通信要件、セキュリティグループ設定は満たしており、何度接続を試しても接続できませんでした。
こちらの原因および対処方法について記載します。

原因

WorkSpacesとクライアントアプリケーションはPCoIP Standard Agent for Windowsサービスを利用して接続します。
バンドルからWorkSpacesを起動した際、稀にWorkSpacesが利用するPCoIP Standard Agent for Windowsサービスが停止している、または、インストールされていない可能性があります。(自分は運悪くインストールされていない状態でした。)

対処方法

対象WorkSpacesへRDP接続し、サービスから該当サービスがインストールされていることを確認しましょう。
ユーザー名、パスワードはWorkSpacesへログインする値と同様となります。

インストールされている場合、対象サービスの状態を起動しましょう。

インストールされていない場合(サービス一覧にない場合)、バンドルから再度WorkSpacesを起動しましょう。

【番外編】通信ポート確認

今回のエラーに関わらず、WorkSpaces クライアントアプリケーションに必要な通信ポート要件は以下のようになります。
・TCP443
・TCP/UDP4172

クライアントアプリケーションでネットワーク接続確認を実施することが可能です。

Windows版

Mac版

実施結果

こちらでエラーになる場合はクライアントアプリケーションの通信要件を満たしていない可能性が高いため、利用端末の通信要件をご確認ください。

さいごに

トラブル系は経験しないとわからないものですね。(百聞は一見に如かずというやつ)
触ってはじめてわかることが多いと改めて実感できました。
これからもWorkSpacesの知見を深めていきたいと思います。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」