AmazonLinux2のgitはbrewで管理すると簡単

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

サービス開発課の丸山です。
今回はちょっとした小ネタを紹介します。

私は開発用インスタンスとしてEC2(AmazonLinux 2) を利用してリモートで開発を行っています。
ローカルPC(Mac)と開発環境が別なので、気楽に重たい処理を動かすこともできますし、ローカルPCをクリーンインストールする時に影響を受けないのでとても便利です。

ただし、AmazonLinuxでの開発で面倒な点としてgitのバージョンアップがあります。
つい先日もgit の古いバージョンの脆弱性が見つかりましたね…。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1223826.html

実はAmazonLinuxに標準でインストールできるgitはyumの amzn2-core というリポジトリで管理されているのですが、 このリポジトリのgitはバージョンが若干古く、yum update gitでは最新バージョンのgitがインストールできないのです。1

そのため、AmazonLinuxで最新バージョンのgitを利用するにはyumのリポジトリを追加するか、 ソースから直接インストールする必要がありますが、どちらも少し面倒です。

例えば、ソースからインストールするには以下の手順の操作が必要です。

ところが、linuxbrewを使えばAmazonLinuxでも簡単に最新版のgitをインストールできることを先輩に教えていただきました 🎉
linuxbrewはもともとMacOS用のパッケージマネージャーであるHomebrewをlinuxやWSLでも利用できるようにしたものです。

こちらの公式ページ通りの手順でインストールできました。
Homebrew on Linux — Homebrew Documentation

このbrewを使って、新しくgitをインストールします。

その前に、もともとyumまたはソースからgitをインストールしていた場合は古いgitを消しておきます。

その後、新しくbrewでgitをインストールし直します。

最新版のgitをインストールできました。
簡単ですね!
brewでは homebrew/core というデフォルトのリポジトリでgitが管理されているので
しばらくはとりあえず brew upgrade git で最新版にできそうです。


  1. 2019年 12月 13日現在。 Amazon Linux 2 AMI (HVM), SSD Volume Type – ami-068a6cefc24c301d2 (64 ビット x86) で確認しました。 
AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」