【Cloud Automator】「EC2: インスタンスでコマンドを実行」アクションに終了ステータスチェックオプションを追加しました

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

本日から EC2: インスタンスでコマンドを実行 アクションで「実行コマンドの終了ステータスチェックオプション」が利用可能になりました。

実行コマンドの終了ステータスチェックオプションについて

これまでの「EC2: インスタンスでコマンドを実行」アクションは、SendCommand API リクエストが成功したかどうかだけでジョブの成功/失敗を判断しておりました。

本日リリースされました「実行コマンドの終了ステータスチェックオプション」を利用することで、SendCommand API をリクエストした後の EC2 インスタンス内で実行されたコマンドの終了ステータスによってジョブの成功/失敗を判断することが可能になりました。

※ 終了ステータスをチェックする場合、実行するコマンドが終了ステータス (コマンドの成否を表す数値) を返すようになっている必要があります。

コマンドの実行終了ステータスチェックオプションの設定方法

ジョブ作成・編集画面の「コマンド実行におけるオプション」項目にて設定可能です。
なお、このオプションを有効化する場合は ListCommandInvocations 権限を AWS アカウントに追加する必要がございますのでご注意ください。
このオプションを有効化する場合、「コマンド実行のタイムアウト秒数」が設定可能になります。
「インスタンス接続のタイムアウト秒数」+「コマンド実行のタイムアウト秒数」を合計した秒数がステータスチェックする時間となります (上記画像の場合 330 秒)

終わりに

今後のリリース計画については、ロードマップページにて公開しております。
これからも Cloud Automator をよろしくお願いいたします。

Cloud Automator(クラウドオートメーター)とは、ノンプログラミングでAWS運用を自動化し、AWSの利用を最大限に引き出すサービスです。バックアップや災害対策、AWS費用の削減を実現する「ジョブ」と、AWSがガイドライン通りに運用されていることを継続的に確認する「構成レビュー」という2つの機能をご提供しております。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」