【Cloud Automator】タイマートリガーをいつでも実行できる機能をリリースしました(β版)

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

普段ご利用いただいているタイマートリガージョブを、設定している日付/曜日/時間に関係なく、いつでも実行できる機能をを、β版として Cloud Automator に追加しましたのでお知らせ致します。

( 正式版のリリースは2019年6月下旬を予定しております )

タイマートリガーの「今すぐ実行」機能について

従来ですと、タイマートリガージョブの動作確認 ( 操作対象のリソースが正しいかどうか等 ) をしたい場合、ジョブ編集画面でトリガーの「実行日付/曜日」や「実行時間」を、例えば現在時刻より1分先の時刻をセットするなど、実行のタイミングを調整してジョブの実行結果を確認する必要がございました。

今回 Cloud Automator に追加されたタイマートリガーの「今すぐ実行」機能をご利用いただくことで、ジョブに設定されている日付や曜日や時間に関係なく、任意のタイミングでジョブを実行することができるので、上記のような動作確認にかかる手間を軽減することができます。

ご利用方法

運用ジョブ一覧画面で、タイマートリガージョブの右端にあるボタンをクリックした後に表示される「今すぐ実行」ボタンをクリックすると、任意のタイミングでタイマートリガージョブを実行することができます。

「今すぐ実行機能」について、詳細なご利用方法はマニュアルを用意しておりますのでご参照ください。

終わりに

今後のリリース計画については、ロードマップページにて公開しております。
これからも Cloud Automator をよろしくお願いいたします。

Cloud Automator(クラウドオートメーター)とは、ノンプログラミングでAWS運用を自動化し、AWSの利用を最大限に引き出すサービスです。バックアップや災害対策、AWS費用の削減を実現する「ジョブ」と、AWSがガイドライン通りに運用されていることを継続的に確認する「構成レビュー」という2つの機能をご提供しております。

Cloud Automator

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」