AWS CloudFrontのキャッシュを削除する

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

初めまして、先月より中途入社した技術3課の佐野です。
今回はCloudFrontのキャッシュ削除方法についてご紹介します。

CloudFrontのキャッシュ削除手順

まずはマネージドコンソールにアクセスし、CloudFrontのサービスページにアクセスし、
作成済みのCloudFrontディストリビューションのDistribution IDのリンクをクリックします。

次にInvalidationsタブをクリックし、Create Invalidationsボタンをクリック。

Object Path欄にキャッシュを削除したいオブジェクトを指定します。
すべてのオブジェクトのキャッシュを削除したい場合は /*を入力し、
特定のオブジェクトのキャッシュを削除したい場合、/example/example.htmlなど、対象のオブジェクトのパスを入力します。
入力が完了したら Invalidateをクリックしてください。

Invalidationsタブに画面が戻るので、StatusがIn ProgressからCompletedになれば、キャッシュ削除完了です!

キャッシュ削除の注意点

公式ドキュメントによると、CloudFrontキャッシュ削除(ファイル無効化)は1ヶ月のうち1000回まで無料となっており、これを超えると1つのパスにつき1件ごとに料金が発生します。
キャッシュ削除を自動化する場合は、頻度の設定にご注意ください。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」