CloudFormation で AWS Marketplace の AMIを利用する方法

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

技術4課の多田です。こんにちは。

小ネタですが、 CloudFormation で AWS Marketplace の AMI を指定する機会があったので、やり方をまとめていきます。

AWS Marketplace での AMI 利用方法

ドキュメントに AWS Marketplace での AMI 利用方法が記載されてますが、利用したい AMI をサブスクライブする必要があります。

顧客は AWS Marketplace でソリューションの選択を参照し、1 回のクリックでサブスクライブして、提供した AWS CloudFormation テンプレートを使用して、デプロイできます。

実際にサブスクライブする

今回、 CentOS の AMI を使いたいため、該当の AWS Marketplace のページに移動します。

早速、まずは利用したい下記のソリューションをサブスクライブします。「Continu to Subscribe」をクリックします。

次にサブスクライブするかを確認されるため「Accept Terms」をクリックします。これで、サブスクライブが完了です。

そして、 CloudFormation で利用する AMI ID を確認します。「Continue to Configuration」をクリックします。

「Software Vertion」と「Region」を選択すると、AMI ID が表示されますので、メモしておきます。

確認した AMI ID で CloudFormaiton スタックを作成してみます。テンプレートはとてもシンプルなものにしました。

スタックを作成してみたところ成功しました。

まとめ

簡単になりますが、 CloudFormation の AWS Marketplace でのAMI利用についてまとめました。

ポイントは AWS Marketplace でのサブスクライブと AMI IDの確認ができていれば、CloudFormation で利用できます。

何かお役に立つ情報があれば幸いです。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」