Cloud Automatorでジョブ作成時の「リソースの終了ステータスチェック」がデフォルトでONの状態になります

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

Cloud Automatorではアクションの作成時に「リソースの終了ステータスチェック」を選択できるアクションがあります。
これまでは、アクションのパラメータを入力する画面を表示すると、「リソースの終了ステータスチェック」はOFFの状態となっていました。

しかし、「リソースの終了ステータスチェック」をONの状態でジョブをご利用頂くケースが多かったことから、今回、ジョブ作成時の「リソースの終了ステータスチェック」がデフォルトでONの状態となるよう、変更致しましたのでお知らせ致します。
※既存のジョブの動作に影響はありません

例えば、以下は「EC2: インスタンスを起動」アクションの画面ですが、アクションのパラメータを選択する画面が表示されると、「リソースの終了ステータスチェック」がONの状態で表示されます。

今後のリリース計画については、ロードマップページにて公開しております。
これからもCloud Automatorをよろしくお願いいたします。

Cloud Automator(クラウドオートメーター)とは、ノンプログラミングでAWS運用を自動化し、AWSの利用を最大限に引き出すサービスです。バックアップや災害対策、AWS費用の削減を実現する「ジョブ」と、AWSがガイドライン通りに運用されていることを継続的に確認する「構成レビュー」という2つの機能をご提供しております。

Cloud Automator

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」