Cloud Automator に新しくジョブの有効期間指定機能を追加しました!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

今回のブログでは、本日 Cloud Automator に新しく追加したジョブの有効期間指定機能についてご紹介します。

ジョブの有効期間指定機能をリリース

今までは例えば「ジョブを作成して指定した日からジョブの実行を開始したい」という場合、ジョブを作成後にジョブの状態を OFF に手動で変更して、さらに実行を開始したい日に手動でジョブの状態を ON にする必要がありました。

本日のリリースによってジョブに「有効期間指定機能」が追加され、ジョブの実行を開始する日付と終了する日付をジョブ作成時に指定できるようになりました!

ジョブの有効期間を指定した場合、以下の例のようにトリガーの実行タイミングかつ有効期間内であった場合に、アクションが実行されます。

※ 2018年11月14日現在、有効期間指定機能は「タイマートリガー」のみ対応しています

ユースケース

例えば MSP 事業者など、運用を開始する日がそれぞれ異なるジョブを複数作成したい場合、「運用を開始する当日に手動でジョブの状態を ON にする」という作業をジョブを作成した数だけ繰り返す必要がありました。

そこで、今回リリースされた有効期間指定機能を利用することで「ジョブを作成するタイミングでジョブの実行を開始する日付を指定できる」ため、上記のような人の手に頼った作業を無くし品質の高い運用を実現できるようになります。

ご利用方法

ジョブの有効期間指定機能のご利用方法は こちら にマニュアルを用意しておりますので、ご参考ください。

終わりに

以上、本日リリースしましたジョブの有効期間指定機能をご紹介致しました。
今後のリリース計画については決まり次第、ロードマップページにて公開しております。これからも Cloud Automator をよろしくお願い致します。

Cloud Automator(クラウドオートメーター)とは、ノンプログラミングでAWS運用を自動化し、AWSの利用を最大限に引き出すサービスです。バックアップや災害対策、AWS費用の削減を実現する「ジョブ」と、AWSがガイドライン通りに運用されていることを継続的に確認する「構成レビュー」という2つの機能をご提供しております。

Cloud Automator

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」