AppStream 2.0でクリップボード無効化が出来るようになりました!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

こんにちわ。プロフェッショナルサービス課の佐藤です。
前回ブログに書いたAppStream 2.0でクリップボード無効にできる機能などが発表されたので今回もAppStream 2.0について記載します。

新機能

5月26日にリリースで新しく追加になった機能は3つあり、クリップボードとファイル転送、ローカルプリント機能を有効/無効できるようになりました。
以下にてそれぞれ説明していきます。

クリップボード

AppStream 2.0はストリーミングで表示されているため、画面を選択してコピー&ペーストはできません。
その代わりに、クリップボード機能でローカルからリモート、もしくはリモートからローカルへ内容をコピーすることができます。

無効にする

無効にする方法は非常に簡単で、マネジメントコンソールのフリート設定で、変更したいStackをクリックします。
「User Settings」を選択して「Edit」ボタンをクリックします。

今回はローカルもリモートも利用できないように「Clipboard」を「Disable」にしましょう。

ファイル転送

ファイル転送も同じようにローカルのファイルをリモート側で編集したい時にファイルを移動させたり、リモートで作成したファイルをローカルに移動させる機能です。

これも無効にする

ファイル転送機能も無効にしてみます。設定はクリップボードと同じです。
「File transfer」を「Disabled」にします。

ローカル印刷機能

ローカル印刷機能は、ストリーミング中にアプリケーションで「印刷」を実施したときにあたかもローカルでPDF出力したかのようにPDFファイルをダウンロード出来る機能です。

これも無効にする

ローカル印刷機能も無効にします。設定は他の2つと同じです。
「Print to local device」を「Disable」にします。

結果確認

フリートに接続してみると、「Clipboard」のアイコンが消えて、「My Files」のアイコンだけが表示されました。

念のため、デフォルトの状態のツールバーを下に貼り付けしておきます。
何も設定変えていない場合は「Clipboard」と「My Files」が表示されます。

「My Files」のアイコンが存在していますが、アイコンをクリックするとAdministratorにより無効にされてるとメッセージがでます。

続いてローカル印刷機能も確認します。こちらは、アプリケーションで「印刷」を選んでみます。表示されるのは「Microsoft XPS Document Writer」となっています。

デフォルト状態では「DCV Printer」となっていて、こちらで印刷するとローカル側でPDFで表示されるようになっています。

まとめ

今回は、セキュアにAppStream 2.0を使用したいケースには必須な機能が追加されたことがわかりました。こういった機能がどんどん追加されてAppStream 2.0が使いやすくなってくると嬉しいですね。
今回の機能はどれも変更がStack全体で影響をうけるのでユーザ毎に各機能が有効/無効を選べるようになると活用の幅が広がりそうですね。
最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」