「Microsoft licensing on AWS」のまとめ

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」

相変わらず、「センスがいいね」と一向に言われません。
ライセンスの話題を書くと、入力ミスで、

「あの人、ライセンスの記事書いてるよ」

「あの人、センスのある記事書いてるよ」

このような奇跡が起きそうなので、
Microsoftのライセンスの話しを書こうと思ったのでした。

はじめに

Microsoft licensing on AWS」という資料が素敵でして、こちらの内容をまとめてみます。
なお、内容の正確性を保証はいたしかねますので、個別の内容については、各自でご確認をお願いいたします。

Microsoft製品のライセンスの概要

パブリッククラウドにおけるMicrosoft製品のライセンス

AWSをはじめとするパブリッククラウドは、マルチテナントが基本となるので、各物理サーバ上は複数の顧客のインスタンスが収容されることになります。このため、顧客はパブリッククラウド事業者が提供するWindowsライセンスを利用することになります。

Microsoftサーバソフトウェアライセンス

オンプレミス向けのライセンスとなっており、搭載する個々のハードウェアを特定する必要があります。また、利用するCPUのソケットと物理コアの数を特定し、それらを利用することが前提となります。ライセンスは、個々の物理サーバに対して付与されます。
SQL Serverについては、ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティが有効な契約であれば、パブリッククラウド上で当該ライセンスを使用することができます。

AWS上で選択できるオプション

  1. AWSが提供するライセンス込みのインスタンスを利用する(以下、License Include)
  2. ライセンスモビリティ
  3. 自身が保有するライセンスをAWS上に持ち込む(以下、BYOL)
    1. Dedicated Hostsを利用する
    2. ハードウェア専有インスタンスを利用する

1. License Include

以下の特徴があります。

  • マルチテナント環境で提供される
  • Windows Serverまたは、Windows ServerとSQL ServerがプリインストールされたAMIとして提供される
  • ライセンス費用はインスタンス費用に含まれ、利用した分だけ請求される
  • 旧世代のバージョンから最新のバージョンまで提供されている
  • CALは不要
  • 顧客側でライセンス管理が不要

2. ライセンスモビリティ

ソフトウェア アシュアランスを通じて既存のライセンスをクラウド上のマルチテナント上で使用可能とするためのMicrosoftとの契約オプションとなります。

  • SQL Server,SharePoint,Exchange,Windows Remote Desktopで利用可能
  • Windows Server、Desktop、Office等のデスクトップアプリケーションでは利用不可
  • Microsoft社によるライセンス検証が必要
  • 顧客は該当ソフトウェアのインストールと使用が可能

3. BYOL

ライセンスモビリティがない既存のボリュームライセンス等を持ち込む場合は、AWSのDedicated HostsまたはDedicated Instanceを利用する必要があります。これらの場合、ライセンスの維持管理責任は、顧客側にあります。

3-1. BYOL:Dedicated Hostsを利用するケース

Dedicated Hostsは、マルチテナントではなく、顧客専用の物理ホストを利用できるAWSサービスです。課金もインスタンスではなく、物理ホストに対して行われます。

特徴

  • 以下のライセンスモデルがサポートされます。
    • Windows Server BYOL
    • MSDN
    • Windows Datacenterエディション、SQL Server Enterpriseエディションのmaximum virtualization
    • ユーザ単位、または、サーバ単位のライセンス
  • Windows Serverライセンスの持ち込みが可能です

Dedicated Hostsの注意点

Dedicated Hostsでは、License IncludeのAMIは使用できません。また、Dedicated Hosts上で動作するインスタンスが、Windows Key Management Serverに接続できるよう構成する必要があります。

3-2. ハードウェア専有インスタンスを利用する

ハードウェア専有インスタンスは、Dedicated Hostsと同様、顧客専用の物理ホストを利用するサービスですが、物理ホストの特定はできず、CPUソケット、ホスト等も確認することはできません。また、課金は、インスタンスとなります。

特徴

  • 以下のライセンスモデルがサポートされます。
    • MSDN
    • Desktop OSとOfficeを含むユーザベースのBYOLオプション
    • BYOL SQL Server Virtual OSEs
  • Windows Serverライセンスの持ち込みはできません

まとめ

以上、「Microsoft licensing on AWS」の内容をまとめてみました。
この他にも、以下の公式ドキュメントが理解に役立つと思います。

https://aws.amazon.com/jp/windows/faq/

また、サーバーワークスでは、SPLAによるOffice、Windows Remote Desktop等をAWSのマルチテナント環境上でご利用いただけるサービスも提供していますので、ご相談いただければ幸いです。

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」